• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

SOLIDWORKS Routingで配管・チューブのルート形状を簡単に作成

プラント、配管やチューブの設計は効率的に行えていますか?

配管設計は類似したパイプ部品や継ぎ手部品を多数必要とし、ルートが入り組んだ複雑な形状を必要とするなど手間がかかります。3次元CADを使用するだけでは効率化はできません。

SOLIDWORKS Premiumにパッケージされる「SOLIDWORKS Routing」は配管・チューブおよび電気配線ケーブルを表現するルート形状モデルの設計支援ツールです。標準機能を使用したモデリングよりもはるかに簡単にルートモデルを作成できるので、設計効率を大幅に向上させることができます。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

ライブラリ・3Dスケッチを基にしたルートモデル作成

ドラッグ&ドロップでライブラリ構成部品を挿入

SOLIDWORKS RoutingはSOLIDWORKSの「デザインライブラリ」に登録されたパイプ・エルボ・継ぎ手部品などを使用してルートモデルを作成します。画面上でデザインライブラリからフランジなどの構成部品をドラッグ&ドロップで挿入すれば、自動的にルートモデリングが開始されます。

ドラッグ&ドロップでライブラリ構成部品を挿入可能。事前に各構成部品をデザインライブラリに登録しておくこともできる

3Dスケッチでルートのパスを定義

ライブラリ部品挿入後、使用するパイプ・エルボ部品等を指定するとルートパスを定義する3Dスケッチが開始します。直線を書き加えるだけでコーナー部分にフィレットが追加され、スケッチを終了するとスケッチに合わせたパイプ・エルボ部品が自動的に作成されます。

スケッチを作図するだけでルートモデルのレイアウトを作成・編集できる

カスタムエルボの自動作成

標準角度以外で曲げるコーナーが設計された場合、必要な角度のカスタムエルボを自動で作成するため、その都度自身で形状を準備する必要はありません。

対応した角度のコンフィギュレーションが作成される

そのほかのルート構成部品もドラッグ&ドロップで追加

ルートを定義する3Dスケッチ編集中にそのほかの継ぎ手やレジューサー、バルブなどの構成部品もデザインライブラリからドラッグ&ドロップで追加できます。

ルートモデルの構成に合わせて構成部品を自由に追加しながらモデリングが可能

さまざまなタイプのルートモデルを作成

SOLIDWORKS Routingを使うとルート作成の起点となる継ぎ手部品の設定に応じて配管、チューブ、ダクトなどさまざまなタイプのルートモデルを作成できます。

スプライン線をパスにしたフレキシブルルートを作成できるチューブルート

矩形形状の輪郭で作成されたパイプ・エルボを基にルートを作成

SOLIDWORKS Routingの効果的なルート作成・編集機能

SOLIDWORKS Routingではルートモデルを効率的に作成するための機能をご利用いただけます。また、SOLIDWORKSの3次元モデルの特性を生かした機能により、さらに効果的なルート設計をもたらします。

ルートの保護、絶縁等のためのカバー追加

重力排水用に配管に傾斜を追加

ルートアセンブリの分解図作成

パイプの長さ、エルボの角度などを含んだ部品表作成

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

ライブラリと3Dスケッチで配管・チューブのルート形状を簡単に作成!
SOLIDWORKS Routing

主な内容
  • 配管・チューブの3次元設計
  • SOLIDWORKS Routingによるルート作成方法
  • SOLIDWORKS Routingの効果的なルート作成・編集機能

SOLIDWORKS Solution Seminar 2019

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP