• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

設計を効率アップさせるSOLIDWORKS Toolbox

標準部品をそのまま設計中の製品内で使用可能な「SOLIDWORKS Toolbox」

製品設計では、自社で作成する部品だけでなく標準部品も多数必要です。SOLIDWORKSには国内外の工業規格に対応した標準部品ライブラリを使用して、さまざまなタイプ・サイズの標準部品をアセンブリへ自由に追加できる「SOLIDWORKS Toolbox」が実装されています※。

この便利なSOLIDWORKS Toolboxを使って、アセンブリ設計を効率アップさせましょう。

※ SOLIDWORKS ToolboxはProfessionalまたはPremiumにパッケージ化されている。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

部品ドラッグ&ドロップして追加

SOLIDWORKS Toolboxを使うには、「SOLIDWORKS Toolbox Library」アドインを有効にすると、画面上のタスクパネルから標準部品ライブラリへアクセスできます。

Toolboxフォルダー内で規格や種類ごとにカテゴリー分けされているため、画面上でドラッグ&ドロップするだけで使用箇所に応じたサイズの部品を自動生成し、アセンブリに追加できます。

スマートファスナー挿入で部品を自動挿入

スマートファスナーコマンドを使用すると、アセンブリ内の選択した穴または全ての対応する穴に自動的に一括で挿入することができます。穴ウィザードで設定された規格を基に、適切なサイズのファスナー部品を選んで挿入してくれる仕組みです。

穴サイズに合わせたToolbox部品の作成やナット・座金などのスタック部品の同時追加にも対応しており、手動での作業よりも素早くアセンブリを構築できます。

ユーザー定義規格の作成

Toolboxライブラリで用意された規格のほか、ユーザー定義の規格も作成できます。既存の規格をコピーして新たな名前の規格として作成し、部品のサイズやプロパティ情報などを自由にカスタマイズして利用できます。

これを応用すると、社内で用いる独自の規格部品にも対応できます。

設計負荷を軽減させる便利な機能

設計中の部品は膨大な数に及びます。Toolbox部品では設計者の作業負荷を軽減する機能もご用意しています。

合致のファスナーフォルダー表示

Toolbox部品で定義した合致を通常部品の合致と分けて表示。

干渉認識のファスナーフォルダー表示

Toolbox部品との干渉結果を分けて表示。

部品の同心円合致で回転をロック

挿入時に定義される同心円合致で部品の回転を自動でロック。

Simulation「ボルト結合」の自動定義

ファスナー部品からボルト締結を再現する境界条件を自動定義。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKS Toolbox機能のご紹介

主な内容
  • 標準部品ライブラリ
  • エンジニアリングツール
  • Toolboxメリット・機能まとめ

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP