• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

タッチデバイス対応CADならSOLIDWORKS

場所を問わずに使えるタッチデバイスを設計に取り入れると……

マウスに代わり指やスタイラスペンによるタッチで操作するタッチデバイス。タッチデバイスでCADを使用するのは難しいとお思いではありませんか?

SOLIDWORKSはCAD画面を直接タッチしてさまざまな操作ができます。作業しやすいよう「タッチモード」が搭載されており、慣れればタッチ操作でもスムーズに3D CADを操作できます。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

シングルタッチ/マルチタッチで行える操作

指1本で行うシングルタッチ、もしくは複数本の指を同時に使用するマルチタッチを用いると、マウスと同様の操作が可能です。

回転1本の指でスライド
拡大・縮小2本指を同一線上に動かす(ピンチアウト・ピンチイン)
パニング2本の指でスライド
ロール2本の指を回転
ウィンドウにフィット2本の指でダブルタップ(ダブルタッチ)
構成部品の選択1本の指でタップ(タッチ)
構成部品の移動タップし、そのままドラッグ
構成部品の回転長めにタップしてからドラッグ
構成部品のコピー「ドラッグしてコピー」を有効にしてドラッグ
右クリック長めにタップしてから離す
マウスジェスチャー長めにタップしてスライド
拡大選択タップしたまま任意のポイントで離す。虫めがねで拡大表示し、レンズ中央の要素を選択

構成部品を回転

構成部品を回転

フリーハンドでスケッチ作図

タッチ機能を用いて指やスタイラスペンによるフリーハンドのスケッチを作図できます。画面に自由に描けるため、CAD上でコンセプト検討を行う際に便利です。

インクストローク

「ペン」コマンドにより指定した色・太さで自由に線を作図。通常のスケッチジオメトリと異なり、参照用の「インクストローク」として作図される。

デザイン検討用のスケッチやポンチ絵を作図

フリーハンドでスケッチエンティティを作図

「ペン」コマンドにより指定した色・太さで自由に線を作図。通常のスケッチジオメトリと異なり、参照用の「インクストローク」として作図される。

フリーハンドで作図された直線、矩形、多角形、円、円弧、スプライン、スロット形状を自動認識し、エンティティを生成

ジェスチャー操作でジオメトリを直接変更

「パワー変更」モードにより、タッチによるジェスチャー操作でスケッチを変更できる。

ジェスチャーの仕方によってフィレットやトリムなどさまざまな変更が行える

マークアップ

部品、アセンブリ、図面内にある手書きのメモを「マークアップ」として保存できます。手書きで文字を書き込むなどしてチェック内容や指示などを残しておけます。

手書きのメモをレビューやコミュニケーションに利用

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

タッチデバイスを用いたSOLIDWORKSの活用法

主な内容
  • 「タッチモード」のコマンド
  • インクストローク:形状の自動認識
  • 手書きによる寸法入力

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP