• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

SOLIDWORKS 2020 新機能紹介

Empowering Design Innovation

SOLIDWORKS 2020のリリースでは、パフォーマンスの向上、ワークフローの効率化、ツール関連携の強化を実現しました。今回は三つの中でもパフォーマンスの向上につながる新機能にフォーカスを当ててご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

新機能 ディテイリングモードとは

ディテイリングモードとは参照しているモデル情報を読み込まずに図面の編集作業を行えるモードです。

大規模モデルの図面でも瞬時に開いて編集できるように

ディテイリングモードでできる操作

ディテイリングモードの使用には一部制限があります。ディテイリングモードでできる操作をご紹介します。

  • 寸法・注記追加
  • ビューの移動・貼り付け
  • 印刷
  • ブロック編集
  • ディテイリングモードで追加した寸法・注記の編集
  • スケッチ作図
  • アノテートアイテム配置変更
  • PDF / DXFなどへの出力
  • 保存
  • マークアップ
  • デザインライブラリから挿入
  • カスタム・リビジョンテーブル
  • シートフォーマット・シートプロパティ編集

大規模デザインレビューモードの強化

大規模デザインレビューが強化され、より幅広い作業に対応しました。

構成部品パターンの作成・編集

  • 直線・円形パターンの作成、編集、削除に対応。
  • パターン駆動・スケッチ駆動パターンはパターン化・スキップする要素の編集、削除が可能。
  • カーブ駆動、チェーンパターンは削除が可能。

構成部品コピー

Ctrlキーを用いたコピー&ペースト、またはCtrl+ドラッグによるコピーに対応。

参照ジオメトリを用いた合致

構成部品の持つ標準平面、参照平面、原点、軸、基準点を合致定義に使用。

エンベロープの利用による効果

従来のバージョンでは、トップアセンブリ内の部品を参照したトップダウン設計を行うには手間がかかる作業でした。

SOLIDWORKS 2020より、エンベロープ作成機能により大規模アセンブリでのコラボレーションをシンプルにし、トップダウン設計をスムーズに行える機能が追加されました。

  • アセンブリ内で指定した構成部品をサブアセンブリのエンベロープとしてそのまま追加。
  • エンベロープはトップアセンブリとの外部参照を持ち、変更を反映。

エンベロープは外部参照を持ち、構成部品の変更を即座に反映

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKS 2020 新機能のご紹介

主な内容
  • パフォーマンスの改善
  • ワークフローの効率化
  • ツール間連携の強化

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP