• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

トップダウン設計に有効な「エンベロープ」とは?

エンベロープのメリットを大規模設計に生かす

大規模製品の設計中に「アセンブリには含まれていないモデルを参照しながら設計したい」と思うことはありませんか?

そんなときは通常の構成部品と異なる「参照用」の構成部品として、アセンブリ上で表示するエンベロープ機能を使ってみましょう。エンベロープはトップダウン設計やレイアウトパーツを用いたマップレイアウト手法など大規模製品の設計に有効です。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

エンベロープの特徴

質量特性を計算しない

エンベロープとして組み込まれた構成部品は質量を計算しません。設計中のモデルの質量や重心計算に影響を与えずにジオメトリを参照できます。

部品表に表示されない

エンベロープは参照用の構成部品として扱われ、アセンブリの部品表に表示されません。実際は製品に含まれていないほかの部品を組み込んでも製品構成に影響を与えません。

選択ツールとして使用

エンベロープの持つボリュームを基にアセンブリ内の構成部品を選択したり、表示/非表示にしたりすることができます。この機能を利用すると、製品組み立て時に必要となる作業スペースの有無などをご確認いただけます

SOLIDWORKSにおけるエンベロープの作成方法

SOLIDWORKSを使って、エンベロープを作る方法は大きく二つあります。

  1. 構成部品をエンベロープとして挿入
  2. エンベロープ作成コマンドを使用

1.構成部品をエンベロープとして挿入

構成部品を挿入する際、エンベロープオプションにチェックを付けて挿入します。エンベロープ構成部品は半透明の青で表示されますが、オプションで変更できます。

構成部品のプロパティにて、エンベロープのチェックを切り替えることで、通常の構成部品もしくはエンベロープを切り替えられます。

2.エンベロープ作成コマンドを使用

エンベロープ作成コマンドを使用すると、トップアセンブリ内の構成部品をサブアセンブリにエンベロープとして挿入できます。トップアセンブリとの外部参照を持ち、変更があった場合はエンベロープにも変更が反映されます。

レイアウトパーツをエンベロープとして使用

アセンブリの設計手法として、製品の概略形状やユニットの組み付け位置、空間の取り合いなどを「レイアウトパーツ」で検討・定義し、それを基に設計するマップレイアウト手法があります。このレイアウトパーツをエンベロープとして組み込むことで、設計基準を参照・共有したトップダウン設計を容易に行えます。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKSのエンベロープ機能のご紹介

主な内容
  • SOLIDWORKSの「エンベロープ」とは…?
  • エンベロープを使用しない場合の問題点
  • レイアウトパーツを用いた設計:ユニットの領域定義

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP