• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

BUS-6 プログラム関連図

BUS-6の建物形状データは、BUSシリーズの各製品で当然ご利用・各種ご検討いただけます。さらに、図に示すように各種構造計算ソフトへのデータ転送機能も充実しています。

  1. 在来木造の構造計算HOUSE-ST1で計算した支点反力の読み込みができます。
  2. 木造集成材等建築物の一貫構造計算WOOD-STで計算した支点反力と支点位置の読み込みができます。また、BUS-基礎構造(別売)とあわせて基礎の検討を行います。
  3. BUS-6は、ST-Bridge形式データのインポート※1、エクスポートができ、BUS-6と各種BIM関連ソフトで建物情報などを相互に利用できます。
  4. Autodesk「Revit」、GRAPHISOFT「ARCHICAD」、福井コンピュータアーキテクト「GLOOBE」、建築ピボット「i-ARM」など。
  5. BUS-6とAutodesk Revitは、+Revit Op.によりデータ共有を実現します※2。
  6. 準備計算まで終了している場合は、建物形状、部材断面形状、重量、荷重項を含めたFAP-3データファイルを作成でき、立体フレームとしての詳細な検討ができます。
  7. 許容応力度計算または保有水平耐力計算まで終了している場合は、建物形状、部材断面形状、壁、床の配置などをSNAPデータファイルとして作成でき、部材レベルの弾塑性動的応答解析などができます。
  8. 床部材、小ばり部材などの2次部材の計算は、KT-SUBへデータを転送して検討できます。
  9. 断面リストのCADデータを作成するBUS-断面リスト用のデータを出力し、構造計算と同じデータにより図面が作成できます。
  10. 伏・軸のCADデータを作成するDS-ST1用のデータを出力し、構造計算と同じデータで図面が作成できます。
  11. 既製品露出柱脚製品を使用した場合、柱脚配置位置の製品名、存在応力などをメーカー製の柱脚検討ソフトの検討用データとしてエクスポートできます※3。
  12. BUS-6の計算結果表示ウィンドウからCADソフトへデータを出力(MPW、DXF形式)できます。
  13. BUS-6はIFC形式データのエクスポートができ※4、BUS-6から各種BIM関連ソフトへ建物情報などを渡せます。

※1 ST-Bridgeとは、一般社団法人buildingSMART Japanで策定中のデータ変換フォーマットです。
※2 +Revit Op.による共有情報は次のページよりご確認ください。
BIM連携
※3 対応できる柱脚製品につきましては提供メーカーへお問い合わせください。
※4 IFCとは建設業界の各種ソフトウェア・アプリケーション間のデータ共有化とその相互運用を可能にするため、一般社団法人buildingSMART Internationalによって定義されたフォーマットです。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP