• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

BUS-6 一次設計(実務的な計算機能と設計支援機能)

準備計算

荷重計算、風による吹き上げの考慮

建物形状、柱・はり・壁(雑壁を含む)などの部材寸法、積載荷重などから柱軸力、はり、CMQ、土圧などによる柱のCMQ、片持ばりのMQ、層ごとの重量などを計算します。

地震力、風荷重、積雪荷重は計算条件の設定による自動計算

建物固有周期、地震時層せん断力係数、用途係数、風力係数などを直接入力することもできます。風荷重は壁面と屋根の吹き上げ、吹き下ろし荷重も考慮します。

そのほかの機能

基礎重量を浮き上り抵抗重量として考慮します。

応力計算

BUS-6は構造により、計算ルートと自動判別が分かれます。

構造 計算ルート 自動判別
RC / SRC造 1
2-1
2-2
3
ルート判定用の柱量・壁量、層間変形角、剛性率、偏心率の計算を行い、自動判別を行う
S造 1-1
1-2
2
3
はり横補剛、露出柱脚保有耐力接合、露出柱脚基礎コンクリート破断の防止、冷間成形角形鋼管の柱はり耐力比を考慮した計算ルートを判定し、結果を表形式で出力※1

※1 自動的にルート判別を行うほか、入力によりX、Y方向別にルートを指定可能。

不整形な建物でも正確な応力計算が可能で、ひび割れ考慮や杭頭曲げモーメント考慮の応力解析にも対応しています。

断面計算

断面計算、NG部材の対応、算定計算の便利機能

許容応力度を求め、はり、柱(2軸応力にも対応)、耐力壁、壁面ブレース、床面ブレース、ベースプレート柱脚の断面検定計算を行います。

S造はり 指定により軸力と弱軸方向(面外方向)を含む2軸曲げを考慮した断面計算も行う
CFT柱
(SRC造充填タイプの鋼管コンクリート構造)
CFT告示、新都市ハウジング協会指針に対応した計算を行う
配筋算定機能 NG部材がある場合、検定計算に加えてRC / SRC造の断面計算では満足する配筋を検討する
検定計算 RC / S / SRC部材では、グループ分けした部材の最大検定比の計算を行う
算定計算 RC / SRC部材では、部材の符号でグループ分けして必要な鉄筋本数や鉄骨板厚を求められる

断面リストをまとめる場合は、このグループの算定計算結果から配筋データをはり符号、柱符号ごとの配筋として保存することができ、大変便利です。

断面計算の位置

断面計算の位置については図に示します。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP