• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

下部工基礎スイート 震度算出(支承設計)

部分係数法・平成29年道示対応/カスタマイズ版

複数振動系を有する橋梁の静的フレーム法による震度算出プログラム。公益社団法人 日本道路協会より平成29年11月に発刊された道路橋示方書・同解説を参考に、橋梁の固有周期、設計水平震度、慣性力を静的解析により算定可能です。

動作環境

震度算出(支承設計)(部分係数法・平成29年道示対応)Ver.3

OS Windows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPU OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
必要メモリー(OSも含む) OSのシステム要件を満たし、問題なく動作する環境
必要ディスク容量 約160MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度) 1,024×768以上
入力データ拡張子 PFU
ファイル出力 HTML、3DS(3Dモデル)
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品との連動 Engineer's Studio
箱式橋台の設計計算(部分係数法・平成29年道示対応)
ラーメン式橋台の設計計算(部分係数法・平成29年道示対応)
備考 調表出力対応

震度算出(支承設計)(カスタマイズ版)

OS Windows 10 32bit
Windows 8 32bit
Windows 7 32bit
Windows Vista 32bit
CPU Pentium 166MHz以上(推奨Pentium II 300MHz以上)
必要メモリー(OSも含む) 512MB以上(推奨1GB以上)
必要ディスク容量 約160MB以上(インストール時および実行時含む)
ディスプレイ(画面解像度) 1,024×768以上
入力データ拡張子 F8W
旧データ:TWJ、TWD、UCW
ファイル出力 HTML、3DS(3Dモデル)
F8出力編集ツール対応:TXT、HTM、 PPF、DOC、 DOCX、PDF、 JTD、JTDC
他製品とのファイル連携 橋台の設計・3D配筋
橋脚の設計・3D配筋
PC橋脚の設計計算
PCウェル式橋脚の設計計算
RC下部工の設計計算/ラーメン橋脚の設計計算
RC下部工の設計・3D配筋/ラーメン橋脚の設計・3D配筋
箱式橋台の設計計算
ラーメン式橋台の設計計算
ほか製品の保存 SI対応版 F8旧製品データ($o1)
Engineer's Studioデータ
UC-win / FRAME(3D)データ
備考 立体骨組解析を行うには「震度算出(支承設計)カスタマイズ版」と「立体解析オプション」と「ADF COM Server」のライセンスが必要
調表出力対応

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP