• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

WOOD-ST

簡単な入力でラーメン架構やスキップフロアを含む木造建物を一貫構造計算

WOOD-STは建築基準法施行令第46条第2項第1号により、ルート2までの木造建物の構造計算を行う一貫構造計算ソフトウェアです。製材または集成材を用いた大断面のラーメン架構や各階間に中間階を配置したスキップフロアであっても形状通りモデル化し、計算を行えます。

不整形な形状も扱える理由

平面のグリッドはX・Y各方向に最大150軸まで作成できます。部材配置はグリッドまたは軸上のほか、X・Y軸の交点間を結ぶ斜め線上にも対応しているため、比較的不整形な形状も扱えます。

  • 平面的に傾斜したはり、壁の配置が可能。
  • 中間階は階とみなす設定が可能で、最大で6階までの入力・計算ができる。
  • 基礎は独立基礎、布基礎、べた基礎を配置可能。
  • 立面的な混構造建物の木造部分も扱える(立面方向は3階まで)。

扱える立面形状

断面・部材リスト

入力を効率アップさせる機能

建物形状の入力は軸組図、3Dモデルで確認しながら伏図上で簡単に効率よく行えます。

荷重計算、モデル化、応力計算から断面、接合金物の検定計算、偏心率・剛性率計算までを一貫して計算でき、計算結果は図または表を用いた見やすい構造計算書として出力できます。

機能紹介

WOOD-STが準拠している規準

WOOD-STが準拠している規準をご紹介します。

準拠規準

ほか解析ソフトとの連携

CADファイルを下図として読み込みWOOD-STで一貫構造計算を行った後、各種解析ソフトに引き渡せます。保有水平耐力の確認やRC / S造の構造計算など、できることの範囲が広がります。

プログラム関連図

WOOD-STの価格や動作環境はどうなっていますか?

WOOD-STの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP