• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Creo Simulate

Creo Parametricとシームレスに連携。構造・熱・振動を検証する解析ソリューション

Creo Simulateは構造解析をはじめ、固有値解析や座屈解析などが行えるFEAソフトです。また熱伝導解析から構造解析を行う連成解析にも対応しています。

Creo Simulateを使用すると、設計がどのように動作するかを早い段階で把握できるため、物理プロトタイピングにかかる時間とコストを削減できます。

メッシュサイズの影響を受けにくい解法(アダプティブP法)の採用

Creo SimulateはアダプティブP法を用いた計算が実行されるため、応力の高い箇所を正確に見つけ出せます。解析選任でない設計者でも要求した精度の解が得られるため、より良いものづくりにご利用いただけます。

ユニークなソルバーテクノロジー搭載し、形状モデル離散化の影響をできるだけ除外することもできます(曲面を曲面としたFEMesh)。

パラメトリック(数値制御)な解析に対応

設計モデルを変更せずに、寸法変更した形状モデルを使ってのシミュレーションを実施できます。

  • グローバル感度解析:設計としての目標を満足する寸法やパラメーターを決定する助けとなる機能。
  • 最適化:さまざまな制限を持ちながらパラメーターや寸法を変化させ、重量の最小化のような特定された目標を達成するために、自動的に繰り返し計算を行う。

さらに高度な最適化として、Creo ParametricのBehavior Modeling機能を活用することもできます。

解析モデル化・簡略化の機能を統合

Creo Simulateは広い範囲のシミュレーションモデル化や簡略化機能をサポートしています。

  • ソリッド、シェル、バネ、ビーム
  • 線形・非線形の材料定数に対応
  • 部品の組み付け(ボルト締結)をモデル化するファスナー結合
  • 溶接部の自動抽出による結合条件の付加
  • 接触の自動検知
  • ソリッドモデルにシェル要素を簡単に生成(薄板形状を自動的に検出)
  • 部品を質点として置き換える

解析モデル化・簡略化の機能を統合

Creo Simulateは、Creo Parametricに組み込むアドイン版と単独でご使用いただく独立起動版からお選びいただけます。

アドイン版 Creo Parametric上でタブを切り替えて、モデルの作成、解析、および最適化をシームレスに実行可能※1
独立起動版 3D CADの種類によらずにモデルの読み込み、解析を行えます(Unite Technology※2)

また、それぞれに標準的な解析と高度な解析が行えるStandard版、Advanced版をご用意しています。解析領域と材料の種類が異なりますので、お客様のニーズに応じてお選びください。

製品構成

※1 見た目や操作感だけでなく、Creo Parametircで使用できる簡略表示のサポート、ファミリーテーブル、継承モデル機能にも対応。また、ほかのモジュール(Sheetmetal、Assembly、Mecaism Dynamics、Behavioral Modeling)の活用にも対応。
※2 Unite TechnologyはCADフォーマットを問わず、データの活用や統一ができるPTC独自の技術のこと。
マルチCAD環境を自由にするPTC Creo Unite Technology

Creo Simulateの価格や動作環境はどうなっていますか?

Creo Simulateの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

※ Creoおよび全てのPTCの製品名およびロゴは、米国およびその他の国におけるPTCまたはその子会社、あるいはその両方の商標または登録商標です。その他の製品名および企業名は全て、各所有者の商標または登録商標です。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP