• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

HyperWorks 機能紹介

多様な産業で標準的に使われているプリプロセッサを搭載

HyperMeshは、高品質なシェルやヘキサメッシュを作成するプリプロセッサです。標準的なツールとして多くの企業で採用されています。

主要なCADおよびCAEのダイレクトインターフェイスを備え、対話形式によるメッシュ作成が可能です。メッシュを変形させるモーフィング機能や部品の入れ替え機能、形状比較機能など多種多様な機能を有します。

HyperMeshがあればCAEのフロントエンドとして、毎日の解析業務を円滑にこなせるのではないでしょうか?

ソリッド要素のCAEモデリングに優れる

SimLabは、パワートレイン、樹脂製品や地盤などのソリッド要素モデリングに効果を発揮する高速・高性能なプリプロセッサです。ユニークな手法によってCAD形状を操作するため、煩わしい形状クリーンアップ作業を必要とせず、メッシュを高速に生成できます。

フィレットやシリンダー、ボルト穴などのCAD面(フィーチャー)を自動認識するため、NVH、耐久性、疲労、CFDなどの任意の解析タイプの要件に沿った高品質のメッシュの生成やABAQUS、ADVENTURECluster、OptiStructなどの各ソルバーに合わせた荷重および境界条件の設定を自動化も可能です。

構造解析・最適化ソルバー

OptiStructは、線形・非線形構造解析ソルバーを内蔵する最適化ツールで、強度、耐久性および振動騒音特性を解析・最適化するために世界中の多くの企業で使用されています。

OptiStructを使用することで、軽量化による材料コストの削減や開発期間の短縮、設計パラメーター感度解析等が可能になり、付加価値の高い設計を実現できます。トポロジー・トポグラフィー最適化、ラティス構造最適化、積層複合材最適化、他ソルバーとの連成計算などほかのHyperWorks製品と連携して最先端の解析・最適化計算が可能です。

陽解法の衝撃解析ソルバー

RADIOSSを使うと、進展破壊など計算が不安定となりやすい現象も安定的に解けます。複合材や接着剤など多様な材料モデルが用意され、求める材料をサブルーチンで表現可能です。精度を落とすアワグラスを回避し、アドバンストマススケーリングを使えば数倍早く計算できる現象もあります。多数のCPUコアを使うことで、より高速に計算可能な並列性能に優れています。

安定した計算を進められ、貫通しにくい接触インターフェイスを有し、並列化により高速計算できるRADIOSSは、陽解法ソルバとして基本的かつ重要な条件を満たしています。

汎用有限要素法 熱・流体解析ソルバー

AcuSolveは、有限要素法を基にした汎用の熱流体解析ソルバです。Galerkin Least Squares(GLS法)を採用することで、解の収束により数値粘性の影響がなく高精度な解析が可能です。

圧力/速度を完全カップリングすることで、高速な収束性を実現し、従来の有限体積法ソルバーに比べ解析実行時間を短縮できます。歪んだ要素品質でも安定的に計算が実行でき、オールテトラメッシュを自動作成することで要素品質を満たし、モデル作成の手間はかかりません。固体表面と流体間で未知数の接点を共有しているので温度勾配や速度勾配を正確に表現できます。

また、AcuSolveは熱・流体解析、HyperWorks内のほかの構造解析ソルバと連成に強い解析手法となります。レベルセット法により二層流の解析も可能です。

MotionSolve

MotionSolveは、機械システムの動的挙動を解析するためのマルチボディダイナミクスソルバです。実稼動状態を解析することで、各構成部品で発生し得る不具合を事前に確認できます。HyperWorksの最適化ツールと組み合わせれば、実稼動条件下での最適化設計が可能です。

構造、流体、制御、1Dソルバとの連成をサポートしており、複合領域における解析の中核となるソルバとしてさまざまな分野でご利用いただけます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP