• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

【CAE】SOLIDWORKS Flow Simulation 2019 熱・ふく射に関する新機能

SOLIDWORKS Flow Simulationによる熱の検証

SOLIDWORKS Flow Simulationに搭載されているウィザード機能を使用すると、手順に従って簡単に熱流体解析を行えます。流れや熱のパラメーターなどの詳細な条件も設定できると同時に、熱伝導・対流・ふく射といった三つの形態の熱影響を考慮した解析が可能です。

今回はSOLIDWORKS Flow Simulation 2019で新たに追加された機能のうち、熱やふく射に関する新機能をご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

新機能1.放熱経路の確認

部品や流体に着目し、熱の移動量を数値もしくはグラフでご確認いただけるようになりました。放熱経路を伝導・対流・ふく射に分けて、数値・チャート・円グラフで分析できます。放熱経路の可視化により、温度変化だけでなく熱対策の有効性を検討することができます。

新機能2.ファンの動作点

ファンを搭載した製品の検証では、ファンカーブ(P-Qカーブ)を用いた流れの検証ができます。ファンカーブを定義することによってファンの吸い込み口と吐き出し口にかかる圧力差から風量が決定されますが、計算後にファンの動作点(圧力・風量)が確認できるようになりました。

新機能3.太陽放射方向の可視化

SOLIDWORKS Flow Simulationでは日射によるふく射を考慮した解析ができます。日射ふく射の定義には次のいずれかの条件定義ができ、それぞれの条件によるふく射の影響を検証可能です。

  1. 時間(月・日・時刻)と位置(緯度・半球)
  2. 日射方向と強度
  3. 方位角と高度

さらに日射と物理時間を考慮した解析の場合、結果表示で日射方向の可視化ができるようになりました。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

【CAE】SOLIDWORKS Flow Simulation 2019熱・ふく射に関する新機能

主な内容
  • 熱バランス
  • ファンの動作点
  • 接触熱抵抗
  • ふく射定義の拡張

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP