• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

【CAE】SOLIDWORKS Flow Simulation 2019 操作性向上に関する機能改良

SOLIDWORKS Flow Simulation 2019は操作性がアップ

SOLIDWORKS Flow SimulationはSOLIDWORKSアドインツールとして、設計者の方でも違和感なくCAEをご利用いただけるような操作性を実装しています。

今回はSOLIDWORKS Flow Simulation 2019で改良された操作性・機能をご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

機能改良1.サーフェスパラメーター

SOLIDWORKS Flow Simulationには任意の断面にパラメーター分布を表示する断面プロット機能があります。断面プロットでは設定した断面で速度や圧力、温度状態などを視覚的にご確認いただけます。

解析結果を視覚化するだけでなく、設定された表面上のパラメーターの数値データ(最小値、最大値、平均値と積分値)を表示するサーフェスパラメーター機能があります。

従来はCADモデルのサーフェスしか選択できませんでしたが、改良されたサーフェスパラメーターでは、任意に設定した断面プロット出力位置で、数値データを取得できるようになりました。

機能改良2.流跡線

SOLIDWORKS Flow Simulationには流れの軌跡を表示する流跡線機能があります。流跡線では指定したポイントを通過する流体の軌跡を表示し、流れの様子を可視化することができます。

従来は開始ポイントの指定に、以下の三つの選択が可能でした。

パターン スケッチ・カーブ、CADモデルのエッジ・サーフェスから選択
スクリーン 選択した平面、平たんな面内からポイント指定
座標 X、Y、Z座標でポイント指定

改良された流跡線では、開始ポイントに形状パターンを指定できるようになりました。CADモデルで開始ポイントの領域を作成しなくても、簡単に直線あるいは矩形を作成できます。

またプレビュー機能が追加され、描画結果を参照しながら定義編集できるようになりました。

機能改良3.カスタム表示パラメーター

SOLIDWORKS Flow Simulationにはデフォルトのパラメーターを数値計算に使用して、新たにパラメーターを定義可能なカスタム表示パラメーター機能があります。結果表示パラメーターをカスタマイズすることにより、断面プロット、サーフェスプロットなどの表示に使用し、幅広い指標で評価できます。

さらに、パラメーター定義にIF文などの論理式が利用できるようになりました。目的のパラメーターが指定の値より大きい領域だけを表示するなどの定義ができます。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

【CAE】SOLIDWORKS Flow Simulation 2019 操作性向上に関する機能改良

主な内容
  • 断面プロット
  • サーフェスパラメーター
  • 流跡線
  • カスタムパラメーター

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP