• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

JSTAMP ハイテン材の高精度スプリングバック予測解析事例

ハイテン材の高精度スプリングバック予測

高張力鋼鈑が適用された部品は、その材料特性からスプリングバックの発生による寸法精度不良が非常に大きな問題となっています。

JSTAMPでは「吉田-上森材料モデル理論」をベースにした高精度スプリングバック解析モジュールを標準搭載しており、バウシンガー効果、除荷ヤング率の塑性ひずみ依存性を考慮した解析が可能です。ハイテン材、アルミ材にも対応しています。

吉田-上森材料モデルの応力-ひずみ挙動

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7825

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部解析プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP