• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

J-BIM 施工図CAD

施工図面から積算・集計までを自動処理する日本版BIM

J-BIM 施工図CADは躯体の部材データを基に、各種図面作成から積算・集計までを自動的に行います。国産3D施工図作成システムとして「最小の手数」で「最高の品質」を得ることをコンセプトに開発されました。

動画で分かる J-BIM 施工図CAD

物件情報の入力から各種リスト登録の仕方や立体形状の確認、自動積算まで一連の流れをデモンストレーションでご紹介します。

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

造形サンプル

部材(躯体)の情報をデータベースに登録し配置するだけで、J-BIM 施工図CADが自動で作図をスタートさせます。

現場施工する部材(躯体)の情報をデータベースとしてリストに登録

各部材(基礎、基礎梁、土間、柱、スラブ、壁など)の符号、サイズ、レベル、および各部材に使用する鉄筋の種類・本数・ピッチをリストに登録します。また躯体図に表示する各部材の記号のタイプも記号マスターに自由に登録が可能。これらの登録内容は、躯体図作成時に反映されます。

通り芯と面芯距離を設定し、登録部材を配置するだけで自動作図

通り芯を入力し、通り芯と柱面・梁面の距離(面芯距離)を設定し、リスト登録部材を配置するだけで躯体図を自動作成します。各部材の寸法、通り芯からの追い出し寸法、記号、および通り芯間寸法などが自動作図されます。入力した躯体データを基に、タイル割付図、天井床割付図、平面詳細図、仮設計画図、支保工計画図、土工計画図の作成ができ、同時に各部材の積算・計算表までが作成されます。

既製品の資材は各マスターに登録

割付図、仮設図で使用するタイル、足場などの部材を登録します。実在する各既成部材はあらかじめ標準登録済み。また現場に合わせて部材を自由に変更、登録することもできます。いったんマスターに登録した内容は別の現場施工図作成時にも使用可能です。

GLOOBEと併用いただくと、図面データや属性(部材リストや建具など)が連動するため、さらに効果的な作業が行えます。

J-BIM 施工図CADの価格や動作環境はどうなっていますか?

J-BIM 施工図CADの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP