• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

ROOK2

土地活用プランナーが事業の初期段階で使用

土地活用の需要の高まりを見せている今、土地の最大価値を瞬時に算出し、実現性のある事業計画書を最速で作成できる仕組みが求められています。

ここがROOK2の使いどころ!

土地活用事業化支援システム「ROOK2」は、賃貸共同住宅(S・RC・WRC・SRC構造)に対応し、事業の初期段階で土地活用プランナーの業務をご支援します。

一般的な土地活用事業のワークフローに当てはめると、ROOK2は事業提案先発掘直後の接触提案時が使いどころです。

プラン計画の流れ

入力:下地図取り込みと敷地・道路・交差点の確定

敷地の現況図をスキャナーで読み取り、画像データとしてROOKに取り込みます。そのほか、測量図があれば三斜求積による入力も可能です。交差点の形状は変更できます。

対応フォーマット

入力:用途地域・高度地区・日影規制の確定

用途地域・高度地区・日影規制の分割は、最大四つ設定できます。

建築可能空間・等高線の算出と確認

今まで入力した条件に基づいて建築可能空間・等高線をコンピューターが計算します。

建築可能空間内への建物配置

建築可能空間内への建物配置は、自動機能と手動で配置する方法があります。建物を自由に配置して概算・収支にデータが連携します。

建蔽・容積を考慮した建物の、自動パターン計算(ユニット配置)

入力データから概算見積りや事業計画書の作成

建物から拾い出したデータと事前に設定した仕様から、根拠のある概算見積りを初期段階から提示できます。概算見積り後の建築費から収支計画を行い、事業計画書も作成します。

ROOK2の価格や動作環境はどうなっていますか?

ROOK2の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP