• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SmartHousePlanner 役割と使い方

「コストを極力かけずに競合に勝ちたい」「売り込みをせずに受注率を上げたい」そんな住宅営業を助けるクラウドサービスが登場しました。大塚商会が2018年3月末にリリースした「SmartHousePlanner(スマートハウスプランナー)」です。

開発を手がける株式会社マリエッタ 代表取締役 神谷信吾氏と販売を手がける大塚商会・マーケティング本部部長の宇野直基にお話を伺いました。

左:マリエッタ代表 神谷信吾氏、右:大塚商会 宇野直基

インストール不要・OS不問 クラウドの利点を最大限活用

「あえてCADっぽさを徹底的に排除し、いつでも、どこでも、誰でも、簡単な操作で本格的な間取りが作れるツールを目指しました」(開発元:株式会社マリエッタ 代表取締役 神谷信吾氏)。そう話す通り、従来型のプレゼンCADとは異なり、思い立ったら今すぐにでも自社の営業スタイルに組み込んで即戦力として利用することができる。

最大のメリットはやはり、「クラウド型のサービス」である点。「ネット環境とアクセス権さえあれば、好きなデバイスを使ってWebブラウザーだけで平面図を描き、それを瞬時に立体化して、3Dモデル内をウォークスルーすることができます。作成したプラン・3Dモデルは、社内はもちろん顧客とも共有可能。しかも、これらのデータは会社の財産としてクラウド上にどんどん蓄積されるので、過去データの中から条件に合うプランだけを絞り込んで、容易に再利用することができるのです」

OSを問わず、全てのPC、タブレット、スマートフォン※1に対応。作業する場所・時間に縛られることなく作図・編集・閲覧ができるため、移動時間を利用してプランをまとめたり、タブレットを使って顧客の目の前で対話しながら検討してもいい。また、クラウドはテレワークとの相性が良いため、オペレーションをパート社員や在宅スタッフに任せ、営業は顧客とのコミュニケーションに専念することもできる。

※1 スマートフォンは閲覧のみ対応。

初期費用の負担大!? 非クラウド型CADの課題

一方、従来型のプレゼンCADだとこうはいかないはず。

まず、リアルタイム3D CGに対応するには、それなりに高性能なGPU搭載マシンがいる。当然、ソフトのインストールも必要。クラウドのように、ネットにつながりさえすればいつでも、どこでもとはいかないため、プランを手直しするためだけにオフィスに戻るといった非効率な働き方を余儀なくされることもある。

バージョンアップやそれに伴う再インストール、バックアップも地味に痛手となる。

パズル感覚でパーツを置くだけ 建具や屋根は自動生成も可能

SmartHousePlannerはそうした従来型プレゼンCADの課題を解消したツールともいえる。

「直感的」な操作が持ち味なので、使い方の説明や教育はいらない。最初に敷地を入力し(下絵をスキャンしてトレースしてもOK)、パズルをはめる感覚で部屋・階段・建具・住設などのパーツをポンポンポンと置くだけ。AIのような補完機能を備えており、建具や屋根を自動生成することも可能だ。

平面プランができたら、瞬時に3Dモデルを生成。この際に、部屋の位置関係などを頼りに最適な種類・サイズの窓・建具、廊下を自動判別して配置してくれるため、素人でも容易に3D モデルまで表現できる。

ここまでの作業は「入力だけなら5分程度」と驚くほど手軽です。3Dモデル内もサクサク動けるため、「待ち」の時間がない。和風・モダン・北欧などの外観デザインに切り替えてイメージを確認してみることも可能だ。

顧客との対話の機会を創出するためのコミュニケーションツール

さまざまな使い方が想定できるが、住宅営業にどう生かすのが最善なのだろうか?

宇野は「受注の切り札というよりは、見込み客とのコミュニケーションツールとして活用してもらえたら理想的」と話す。

「商談の勝率アップには、顧客との接触・会話の回数を増やすのが定石。一見遠回りに感じるかもしれませんが、何度もやり取りしながらプランの作成・編集を通じて信頼関係を築くという営業手法が、結果的に一番効率良く受注できると思うのです」

家づくりの流れとSmartHousePlannerの役割

特にSmartHousePlannerの場合、何度でも容易にプラン変更が利くため、接触の頻度・質を上げるのにちょうどいい。プランができたら閲覧用の専用アドレスを送信し、電話やメール、LINEを使ってやり取りができる気軽さも今の顧客層と合っている。さらにいえば、売り込みをせずに接触できるので、お互いに営業のストレスを感じずにつきあえるはずである。

閲覧用URLをコピーして送信できる

LINEなどで閲覧用URLを送信して、気軽にプランを提案できる

初期費用は5万円。月額は1ライセンスで1日に3デバイスからアクセス可能な仕様で5,000円(税別)とお手ごろ。

「クラウドサービスのため、お客様ごとに利用環境も異なることが考えられるので、無料体験のお試しをお勧めします」

間取り作成サービス 無料体験版(SmartHousePlanner)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP