• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Vectorworksの使い方を分かりやすく解説(2017年度版)

Vectorworksの豊富な機能をご利用いただくにあたり、問い合わせの多い使い方や操作手法について解説します。最新版では、Renderworksのビジュアライズ機能も標準搭載しているため、レンダリングについても触れています。

3Dモデルのレンダリング

Vectorworksは作成したモデルを表現するために多彩なレンダリングモード(Renderworks)を搭載しています。用途に合わせて、リアルな3Dオブジェクトを表現できます。例えば、太陽光設定(フィジカルサン、フィジカルスカイ、Warm Coloors<暖色>)※1を設定すると、任意の日付・場所で太陽光の位置と影がどのようにモデルにかかるかを表せます。

※1 Fandermentals以外のVectorworksデザインシリーズで使用可能。

時刻の比較(背景、建物に当たる太陽光が時刻に合わせて変化する状況を表現)

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

シートレイヤーとビューポート

Vectorworksは図面を管理するためにデザインレイヤーとシートレイヤーと呼ばれる2種類のレイヤーを搭載しています。ここではシートレイヤーと主にシートレイヤー上で使用するビューポートの概略について説明します。

シートレイヤーは例えるならば、プレゼンテーションボードのようなイメージの機能です。デザインレイヤー上で実際の作図を行い、シートレイヤーに作図した成果を配置して使用します。シートレイヤーは常に1対1の縮尺で他のレイヤーは非表示になります。見え方は2D/平面ビューに固定されています。

シートレイヤー上に作図の成果を表現するために使用するのがビューポートです。ビューポートはデザインレイヤーで作図した図形を写真撮影し、シートレイヤーに配置して使用するイメージです。写真と違うのは、デザインレイヤーの図形と連動した表示に更新が可能であることと、画角やレンダリングなどの表示についての設定を個別に設定できることです。

ビューポートは一つのモデルに対して複数作成できます。建築用の図面を作図する際は、一つのモデルから複数のビューポートを作成し、東西南北の各立面図とパースをシートレイヤーにレイアウトして使用できます。元にしたモデルが変更になっても、ビューポートを更新するだけで画角やレンダリングの設定は保ちながら、モデルだけを更新できます。

シートレイヤーとビューポートの機能イメージ

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

シンボル図形

Vectorworksには「シンボル図形」と呼ばれる図形があります。繰り返し使用する図形をテンプレート化するようなイメージです。図形の情報をファイルのリソースデータとして登録することで、同じ形状や属性の図形を繰り返して配置し作図できます。一つのシンボルとして、2D、3Dまたはその両方(ハイブリッドシンボル)の図形の登録、文字列、プラグインオブジェクト、グループ図形、ワークシートなど、さまざまな図形を登録してご利用いただけます。

リソースデータになっているため、別のファイルから取り込んでの使用が可能です。同じバージョンのほかのファイルに登録したシンボルも取り込んで再利用可能です。

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

PDFの取り出しと取り込み

Vectorworksデザインシリーズをご利用の方はPDFファイルの取り出しと取り込み機能をご使用いただけます(Fundamentalsは対象外)。

取り出し

デザインレイヤー、クラスをPDFレイヤーとして出力したり、文字データをイメージに変換し出力するなど、いくつかの取り出しオプションがあります。3Dモデルを3D PDFとして取り出して、さまざまな関係者に自由に閲覧させることも可能。

動画 概要

動画再生

Vectorworks PDFの取り出し
一括取り出しを可能にするパブリッシュ出力(全シリーズで対応。ただし、PDF・印刷・イメージはFundamentalsは対象外)する機能です。パブリッシュコマンドを使用すると複数のシートレイヤー、または登録画面を一括でDWG、DXF、DWFに取り出せます。Service Select契約者はクラウドストレージにも出力可能です。(1分33秒)

取り込み

取り込んだPDFデータへのスナップや図面の縮尺に合わせて伸縮も可能。

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

印刷のための用紙設定

作図する図形のレイアウトや位置を把握しながら作図できるように用紙の大きさと向きを設定します。

  1. メニューから、ファイル>用紙設定を選択。
  2. 用紙設定ダイアログボックスのプリンタ設定ボタンをクリックして、プリンターと用紙向きを指定するダイアログボックスを表示(Windows:印刷ダイアログボックス、Mac:ページ設定ダイアログボックス)。
  3. 使用するプリンターと用紙サイズ、向きを設定して、OKボタンで用紙設定ダイアログボックスに戻る。
  4. 1枚の用紙内に作図するために、用紙の枚数にある横と縦の数値が「1」になっていることを確認。

Vectorworksで作図を始めるときは、スムーズに作図を進められるように最初に次の設定も行いましょう。

  • 縮尺設定
  • 単位設定
  • デフォルト設定(フォント、属性、スナップ)

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

動画で分かる 新機能解説

動画 概要

動画再生

Vectorworks 2D作図環境
線分作図にも充実したツールや機能を搭載しながら面図形を多用でき、色鮮やかな図面を作成できる機能です。面図形には色やグラデーション、ハッチング、イメージ、不透明度が設定できるほか、面同士を貼り合わせたり、切り欠いたり、前後関係を設定できるため、豊かな2D表現に対応しています。(1分29秒)

動画再生

Vectorworks 一括取り出しを可能にするパブリッシュ出力
パブリッシュコマンドを使用すると、複数のシートレイヤーまたは登録画面を一括でDWG、DXF、DWFに取り出せます。さらにデザインシリーズでは、PDFやイメージ取り出し、一括印刷も可能。Service Select契約者はクラウドストレージにも出力可能です。(46秒)

動画再生

Vectorworks 2D平面回転機能室内
Fundamentals以外のデザインシリーズに搭載されている2D平面の回転機能によって、2Dビューの回転を可能にします。建物形状に合わせた駐車場の設置など、数値による角度指定での回転、またはマウス操作による回転軸の指定によって、画面を回転させ好きな角度を水平垂直状態にしてデザインワークが可能です。(43秒)

動画再生

Vectorworks 室内展開図ビューポート機能
バージョン2017で新搭載された室内展開図ビューポートを作成コマンドによって、壁で仕切られた室内の四面展開図を一度に作成できるようになりました。これまで部屋数の多い図面では、特に手数を必要とした展開図を四面同時に生成できるため作業効率が格段に向上します(Architect・Designerのみ対象)。(1分37秒)

さらにこの機能を詳しく知りたい方は資料ダウンロードのうえご確認ください。

Vectorworks 使い方資料ダウンロード

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP