• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Vectorworksの使い方を分かりやすく解説(2018年度版)

Vectorworks 2018において、お問い合わせの多い使い方や操作方法について解説します。Vectorworks 2018では、お客様のニーズを取り入れたマルチビューをはじめ、使いやすさとリアリティが進化しました。

大画面のモニターを利用したマルチビューが可能に

Vectorworks 2018では、「デザインワークにおいて、ズームインとズームアウトの図面を同時に見ながら進めたい」「3Dモデルを正面、側面、斜めの状態を同時に見ながら進めたい」などのニーズに対応。ビューを幾つでも分割できる「マルチビューウィンドウ」機能が搭載されました。

一つのビューで行った作業はほかのビューにも同時に反映されるため、複数のビューをまたいでデザインワークを進められます。

動画 概要

動画再生

Vectorworks マルチビュー機能の搭載
Vectorworksのマルチビューは幾つでも分割可能。一つのビューで行った作業はほかのビューにも同時反映されます。さらに、独立したフローティングビューウィンドウ化も可能なため、サブモニターに特定のフローティングビューウィンドウを配置して、メインモニターと合わせてデザインワークを進められます。(2分46秒)

FundamentalsでもPDF(2D)取り出しが可能に

デザインシリーズでしか利用できなかったPDF(2D)取り出しが、Vectorworks 2018では、Vectorworks Fundamentalsでも取り出せるようになりました。デザインレイヤーやクラスをPDFレイヤーとして取り出すことができ、図面内イメージの解像度を指定して出力できるなど、より幅広いコラボレーションを実現します。

※ PDF取り込みへの対応はデザインシリーズのみ。

Revitのファイル(.rvtまたは.rfa)の取り込みを強化

デザインシリーズでは、建築CAD-Revitのファイル(.rvtまたは.rfa)取り込みやBIMフォーマットとして知られるIFCファイルの取り込み/取り出しが可能です※。

※ Revit取り込み・IFC4取り込み/取り出しへの対応はデザインシリーズのみ。

動画 概要

動画再生

Vectorworks Revit取り込みの改善
Vectorworks 2018のRevit取り込みでは、取り込むビューの設定やRevitオブジェクトをどのVectorworksオブジェクトに変換するかを設定して取り込めるようになりました。(1分27秒)

Renderworksレンダリングをパノラマビューで取り出し

Vectorworks 2018では、WebビューよりリアリティのあるRenderworksレンダリングをパノラマビューで取り出せるようになりました。

動画 概要

動画再生

Vectorworks Renderworksパノラマレンダリング
Vectorworksのパノラマビューは空間内を移動できません。しかし、ブラウザーやスマートデバイス(一眼モノラルビュー)、VRゴーグル(二眼ステレオビュー)を通して、CineRenderを使った美しいレンダリング空間を360°(度)見渡し、リアルなインタラクティブ体験が可能です。(1分43秒)

クラウド連携で実現するプロジェクト作業

「プロジェクト共有」機能によって、LAN内、またはクラウドストレージサービス(Dropbox、OneDrive、Google Drive、box)を経由して、遠隔地と同一図面を同時に作図できます。

動画 概要

動画再生

Vectorworks クラウドサービスの改良
Vectorworks 2018では、ネットワークプロトコル(SMB、AFP、SMBとAFP)管理者が制限できるようになりました。図面の変更時のトラブルなどを未然に抑制できます。(2分41秒)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP