• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Vectorworks ArchitectでBIM

Vectorworksの使い方の一つとして「建築3DモデリングやBIM活用」が話題に上る機会が増えています。そこで、Vectorworks Architectによる実務で使えるBIM活用と共に、BIMに取り組む理由について解説します。

VectorworksはBIM活用ツールとなりつつある

Vectorworks強みは何といっても抜群のコストパフォーマンスです。それと同時に、次の理由からBIMとの親和性に長けている点も魅力です。

  • オブジェクト指向の開発コンセプトやワークシートによる集計機能などを搭載
  • インテリア、プロダクト関連業務などでもBIM活用できる
  • 詳細なデザインやプレゼンにまで取り組める

また、古くから意匠設計のVectorworksユーザーが多いことによる安心感、直観的に操作できる操作性、自由に使い方を選択できる機能面も合わせ持っています。

Vectorworks ArchitectでBIMに取り組んでみましょう

Vectorworksは分野ごとに豊富なラインアップを取りそろえています。中でも建築向け「Vectorworks Architect」は、BIM機能を含む建築設計やインテリア・ディスプレイデザインに適しています。

Vectorworks Architectの正しい利用方法を学べば、BIMに取り組み効果を上げられるでしょう。

そこでVectorworks 使い方講座を開講しているフローワークス合同会社様(名古屋市)の「設計者が考えた 実務で使えるBIMのやり方」を参考に、ポイントになる機能や注意点などをご紹介します。

3DとBIMの違いを業務に生かそう

エーアンドエー株式会社から無償提供されている木造建具ツールと木造BIMツールは、日本の木造設計者のためにカスタマイズされています。

木造軸組の構造体をモデル化できると、構造体の美しい建築やリノベーションの検討なども表現できるようになり、アイデア次第で大規模計画からインテリア計画まで柔軟に対応できます。

3DとBIMの違いが分かるストーリとは

Vectorworks ArchitectでBIMモデルを作成する場合、高さ方向の寸法をまとめて管理する機能「ストーリ(建物の階)」が有効です。

ストーリは高さ方向の通り芯のようなもので、3Dモデリングや作図が非常に効率的に行えるようになります。とても重要な機能ですが少し分かりづらいため、実際に活用されている方はまだまだ少ないのではないかと思います。

ストーリが適切に設定されるとBIM設計ツールの機能を最大限に引き出せだけでなく、図面間の行き違いを減らしたり、階高など高さ方向の変更が生じた場合に多くの部分が自動で追従したりするため、効率的に図面を修正できるようになります。

例えば階高を数値で設定すれば、変更の場合も数値入力で図面が連動します。

ただし、ストーリによって何がコントロールされるのかを理解しないと、ストーリの機能や効果が分かりません。また、ストーリを設定した際にコントロールされるレイヤーやオブジェクトの振る舞いは、実際にご覧いただいた方がよいでしょう。

設計時間を短縮するノウハウ

Vectorworks ArchitectにはプランニングにBIM活用する手法が幾つかあります。スペース、壁ツール、建具ツールを利用すると効率的な設計手法を実現できます。

スペース

スペースとは、プランを検討・分析する際に便利な機能。面積・体積を常に確認しながらゾーンを計画し、各スペースの使い方を決め、スペースごとの関係(隣接マトリックス・隣接性スコア)を考えることができます。仕上げ指定し、換気計算やエネルギー解析も行うなど、同時にさまざまな検討を進められます。

壁ツール

壁ツールは非常に強力なツールで、二重線を引く感覚で詳細を含む壁を半自動で描けます。また仕上げの変更も容易で、位置の変更に対して関連する部分が連動します。壁ツールを使いこなせれば、作図にかかる作業時間を大幅に軽減できます。

建具ツール

建具を自動的に生成する建具ツールは、簡単に建具を壁に配置できます。配置後は種類やサイズの変更、位置の移動は自由に対応できます。反面、設定項目が多いので、しっかりと理解する必要があります。

BIMで仕事の質と競争力のアップを目指す

Vectorworks ArchitectでBIMをマスターすると仕事の効率化・プレゼン表現の強化といった、仕事の質と競争力のアップを目指せるようになります。

そのためには、効率的なモデリング方法をしっかりと身に付ける必要があります。特にモデリングの基本となる次の機能を習得することが非常に重要です。

シートレイヤーとビューポート

デザインパースだけでなく、提出物として設計図面にすることが必要です。作図を行うデザインレイヤーからプレゼンテーションボードを作成するためのシートレイヤーに、パースや平面図、立面図、展開図、矩計図、面積表などをビューポート機能で取り出すことができます。

この手法を利用すれば、建物モデルを修正しても各図面データに連動して表現されるようになります。

敷地ツール

敷地ツールとは、2Dだけでなく3Dまでをこなす敷地作成専用のツールです。2D形状だけでなく、高低差のある敷地を簡単にモデリングできるうえ、等高線表示なども自動で行ってくれます。

スラブツール(床ツール)

スラブツールとは、床や天井を作るときに使うツールで、設定さえしておけば平面的な形状を作るだけでその構成要素まで含めたモデリングが完了します。さまざまな変更にも簡単に対応できます。壁ツールと組み合わせることで、納まりまで自動で描画できます。

屋根ツール

屋根ツールとは、屋根を作成するツール。スラブツールと同様に設定さえしておけば、平面的な形状を作るだけでその構成要素まで含めたモデリングが完了します。さまざまな変更にも簡単に対応できます。壁ツールと組み合わせることで、納まりまで自動で描画できます。

設計者が考えたような「実務で使えるVectorworksの活用手法」を学ぶには

「Vectorworks Architectを業務効率化や品質向上を目指して導入しても、なぜか使いこなせない」
BIMによる効率化は理解していても、実践するのはなかなか難しいものです。

その原因にVectorworks Architectに多数の機能が搭載されているため、覚えて使えるようになるまでが簡単ではないこと。そして、Vectorworks自体自由度が高いため、作図方法に迷ってしまうからだと考えられます。

そのため、結局自己流の作図手法が確立されてしまい、2Dのみの利用やBIMの機能を活用できないまま作図している方も多いと思います。

しかし、実は仕事の流れを見極めてみると使う機能も限定され、比較的簡単に効率を上げられるのも事実です。せっかくBIMに興味を持ち、BIM活用を考えてVectorworks Architectの導入を検討するのであれば、設計者が考えたような実務で使えるVectorworksの活用手法を学ぶことが、一番の近道となるのではないでしょうか。

大塚商会のお客様で2019年1月よりVectorworks 使い方講座を開講しているフローワークス合同会社様(名古屋市)の「設計者が考えた 実務で使えるBIMのやり方」には、参考になるヒントが含まれています。ぜひ、合わせてご覧ください。

フローワークス Vectorworks使い方講習

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP