• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

V-Ray

幅広く使用されている業界標準のレンダリングソフトウェア

V-Rayは多くのデザイナーに幅広く使用されている業界標準のレンダリングソフトウェアです。Revit、3ds Maxなどの各種3Dツールと組み合わせることにより、フォトリアルなイメージやアニメーションをすばやく作成できます。

V-RayはChaos Groupが開発したレンダラーであり、物理ベースのレンダリングおよびシミュレーションソフトウェアは世界中のデザインスタジオ、建築会社、広告代理店、VFX会社で日々使用されています。クラウドレンダリング、マテリアルスキャン、バーチャルリアリティにおける研究開発により、ストーリーテリングとデジタルデザインの未来を形作っています。

Revit向けV-Rayプラグイン(V-Ray for Revit)の活用イメージ

V-Ray for Revitはリアリスティックなライト、マテリアル、カメラによるプロフェッショナルで高解像度の画像をレンダリングできます。大きなデータの建築モデルを処理するために設計されているため、すばやくレンダリングし、設計の意思決定を迅速化することができます。

Autodesk RaytracerとV-Ray for Revitを用いてのレンダリング時間を比較したところ、V-Ray for Revitはレンダリング時間を約85%短縮できました。

なお、Revitプラグインとして動作するためインポートやエクスポートは必要ありません。

  Autodesk Raytracer V-Ray for Revit
解像度 1,500×2,000 1,500×2,000
品質 最高 Medium
レンダリング時間 2時間43分45秒 24分24秒

レンダリングマシン主要スペック

CPU Intel Core i7-8750H
メモリー 16GB
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 1070
ビデオメモリー 8GB

V-RayとAdobeを組み合わせた、レンダリングの効率化については次のページにてご確認ください。

V-RayとAdobeが実現するレンダリングの効率化と高品質

V-Rayのご使用に当たり

V-Rayは次のようなさまざまなアプリケーションに対応したプラグインです。アプリケーションごとに別製品となりますので、ご使用の際にはライセンスにご注意ください。

製品 対応アプリケーション※1
V-Ray for 3ds Max Autodesk 3ds Max
V-Ray for Maya Autodesk Maya
V-Ray for Revit Autodesk Revit
V-Ray for Cinema 4D Cinema 4D
V-Ray for Rhino Rhinoceros
V-Ray for SketchUp SketchUp

※1 クリックすると製品情報に遷移します。

ライセンスの注意点

V-Rayプラグインを購入前にお試しできますか?

V-Rayは30日間無制限の評価ライセンスをご提供しています。購入前の評価にぜひご利用ください。メーカーサイトにて評価版ライセンス取得方法が解説されていますので、あわせてご確認ください。

ChaosGroup 評価版のご案内

V-Rayの価格や動作環境はどうなっていますか?

V-Rayの価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP