3D CAD導入をお考えの方に-IT導入補助金制度を利用してみませんか?

「IT導入補助金2021」は経済産業省管轄の事業で、中堅・中小企業・小規模事業者などがITツールを導入する際、その費用の一部を国が補助し、業務効率化・売り上げアップ・デジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する制度です。

IT導入補助金制度を利用し、3D CADを導入されたお客様の例をご紹介します。CADソフトだけでなく教育や支援サービスも補助金の対象になるものがありますので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

A社様の補助金活用事例

地域
関西
業種
金型製造
従業員
5名以内

導入ツール

採択による補助額

補助対象経費約1,500,000円
補助金申請額約1,000,000円

採択ポイント

A社様は顧客ニーズの多様化による複雑形状の金型製作に対して、社内での情報共有の工数拡大や手戻り発生の増加傾向があることを課題と認識されていました。

そこで3D CADの導入により課題の解決と強みである設計力・顧客対応力の強化を目的とした計画を策定されました。具体的には3D CADの活用で設計上流段階から社内でのデザインレビューや検証を行い、情報共有工数の削減と手戻り発生の低減を図りました。

さらに3D CADデータを活用した営業力強化やテレワーク(非対面)でも3D CADデータを共有・活用出来る環境構築も計画に含み、社内外のコミュニケーション環境の円滑化・効率化を図ったことが高く評価されたと考えられます。そして経営者様の明確化された経営理念やビジョンと共に、強い事業拡大意識も高く評価された点と考えられます。

IT導入補助金を活用したシステム導入にご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください! 大塚商会でご購入いただいた場合、補助金の申請を無料でサポートさせていただきます。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金の概要、気になる支給額や条件などの情報はリンク先よりご確認ください。