CAE導入をお考えの方に-IT導入補助金制度を利用してみませんか?

「IT導入補助金2021」は経済産業省管轄の事業で、中堅・中小企業・小規模事業者などがITツールを導入する際、その費用の一部を国が補助し、業務効率化・売り上げアップ・デジタルトランスフォーメーション(DX)化を支援する制度です。

IT導入補助金制度を利用し、CAEソフトを導入されたお客様の例をご紹介します。CAEだけでなく教育や支援サービスも補助金の対象になるものがありますので、この機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

B社様の補助金活用事例

地域
首都圏
業種
食料品関連製造
従業員
30名程

導入ツール

採択による補助額

補助対象経費約2,500,000円
補助金申請額約1,250,000円

採択ポイント

B社様は多様化する顧客ニーズに対応するために、以下の三つを目標とした計画を策定されました。

  1. 製造設備の品質向上
  2. 製造リードタイムの短縮
  3. 設計-製造コストの削減による生産性向上

具体的には導入ツールと導入サービスの活用で設計上流段階から設計対象設備の視覚化、解析ツールによる検証・結果の共有を実施することによる、手戻りの削減や試作・試験のコスト削減によって設計-製造プロセスの高度化・効率化を目指しました。

さらに3Dデータによって視覚化された設備データや、アニメーションなどで可視化された解析結果を営業・マーケティング分野にも展開することにより、事業の多面的な強化も図り、競合他社との差別化を目指したことが高く評価されたと考えられます。そして経営者様の明確化された経営理念やビジョンと共に、強い事業拡大意識も高く評価された点と考えられます。

IT導入補助金を活用したシステム導入にご興味がございましたら、ぜひお問い合わせください! 大塚商会でご購入いただいた場合、補助金の申請を無料でサポートさせていただきます。

IT導入補助金とは?

IT導入補助金の概要、気になる支給額や条件などの情報はリンク先よりご確認ください。