AutoCAD LT 機能比較

AutoCAD LTにおける機能強化の遷移をご紹介します。AutoCAD LT 2020の新機能およびAutoCAD 2017以降の変更内容をご確認いただけます。

2016バージョン以降に追加された主な機能

ブロックパレット視覚的に確認できるギャラリーから効率よくブロックを挿入
クイック計測マウスを重ねるだけで、その付近の全ての計測値が自動的に表示
名前削除(機能一新)複数の不要なオブジェクトを選択し、プレビューで確認しながら簡単に一括削除
図面比較(機能強化)作業中のウィンドウ内で、バージョンの異なる図面の違いを可視化して確認
PDFの読み込みSHXフォントファイル、塗りつぶし、ラスターイメージ、TrueType テキストなどのジオメトリをPDFから図面に読み込めるように。
各種デバイスに対応デスクトップ、Webブラウザー、モバイルデバイス、いずれのデバイスからでもAutoCAD LTにアクセス可能に(注1)
共有ビューWebブラウザー用の図面ビューをパブリッシュして、関係者に共有したり、コメントを付けてもらえるように(注1)
Webおよびモバイルに保存デスクトップから保存した図面や外部参照をAutoCAD Webやモバイルアプリで表示、編集
新しいビューおよびビューポート保存済みのビューをレイアウトに簡単に追加
高解像度モニターのサポート4K以上の高解像度ディスプレイで設計を表示
オフスクリーン選択選択したオブジェクトが画面移動やズームによって画面から外れても選択状態を保持
新機能のハイライト各リリースの新機能の概要を確認
Autodeskデスクトップアプリソフトウェアの更新通知が表示され、ワークフローを中断することなく更新プログラムをインストール
  • (注1)保守プランのお客様はご利用いただけません。

2017以降に向上した機能

0.5秒でデータを保存毎回の保存操作にかかる時間が平均1秒短縮
インストールの高速化最大で従来の半分の時間でSSHD(ソリッドステートハードドライブ)にインストール可能
新しいダークテーマコントラストと鮮明度を改善し、青を基調としたモダンな美しい画面を実現
ユーザーインターフェイスフラットデザインのアイコン、直感的なダイアログボックスとツールバーで操作
2Dグラフィックス安定性、正確性、パフォーマンスを向上
保存、移動、コピーのパフォーマンス2018バージョンのTrustedDWGファイル形式により、処理が高速化

サポートおよびソフトウェアへのアクセス

技術サポート

  • オートデスクのサポートスペシャリスト:サポート方法を予約制電話サポート(注1)、オンラインチャット、メールからお選びいただけます。
  • リモートデスクトップサポート:安全な通信を使用してスペシャリストが直接トラブルシューティングを実行します(注1)。
  • オンラインリソース:ヘルプドキュメント、チュートリアル、トレーニングビデオを取りそろえたナレッジベースやコミュニティサポートフォーラムをご利用いただけます。
  • (注1)Advanced Support付きの保守プランをご契約のお客様はご利用いただけます

最新のソフトウェア・前バージョンへのアクセス

最新のリリースや更新プログラムをすぐに利用いただけます。また、以前のリリースをダウンロードしてご使用いただけます。

管理ツール

AutodeskAccountでソフトウェアライセンス、ライセンスの割り当て、利用状況を簡単に管理できます。

どこでもソフトウェアを使用

オフィス、自宅、外出先からAutoCAD LTにアクセスいただけます(保守プランのお客様はご利用いただけません)。