Autodesk Inventor LT 動作環境

OSWindows 10 Anniversary Update(バージョン 1607以降)64bit
Windows 8.1 64bit
Windows 7 SP1 64bit
CPU推奨:3.0GHz以上、4コア以上
最小:2.5GHz以上
メモリー推奨:12GB以上のRAM
最小:6GBのRAM
ディスク空き容量インストーラと完全インストール:15GB
グラフィックス推奨:帯域幅106GB/秒の4GB GPU(DirectX 11対応)
最小:帯域幅29GB/秒の1GB GPU(DirectX 11対応)
画像解像度推奨:3,840×2,160(4K)
推奨尺度:100%、125%、150%、200%
最小:1,280×1,024(1,080p)
ポインティングデバイスマイクロソフト社製マウスまたは互換製品(3Dconnexion 3Dマウスの使用が可)
ネットワークAutodeskデスクトップアプリのWebインストール、Autodeskのコラボレーション機能、.NETのインストール、Webダウンロード、ライセンスの割り当てにはインターネット接続が必要。
Network License Managerは、Windows Server 2016、2012、2012 R2、2008 R2と上記のオペレーティングシステムをサポート。
スプレッドシートExcel 2010、2013、2016の完全なローカルインストール(iFeature、iPart、iAssembly、グローバル部品表、パーツ一覧、履歴テーブル、スプレッドシートを使用する設計、ポジションリプレゼンテーションのStudioアニメーションなどに必要。
64bit版のOfficeが、Access 2007、dBase IV、テキスト、CSV形式の書き出しに必要)
Office 365のサブスクリプションメンバーは、Excel 2016のローカルへのインストールが必要。
Windows Excel Starter、OpenOffice、ブラウザーベースのOffice 365アプリケーションはサポートしない。
ブラウザーGoogle Chromeまたは同等のブラウザー
.NET Framework.NET Framework バージョン 4.7以降。
インストール用にWindows更新プログラムを有効にする必要がある。
仮想化Citrix XenApp 7.6、Citrix XenDesktop 7.6(Inventorネットワークライセンスが必要)
  • * Autodesk Inventor LTは、Pentium 4、AMD Athlon 64、および AMD OpteronプロセッサーでサポートされるSSE2拡張命令セットを利用できるように最適化されています。SSE2をサポートしていないコンピューターにInventor LT 2019をインストールすることはできません。サポートされる命令セットを含むCPUIDを報告するためのユーティリティがインターネット上で公開されています。

最新のシステム要件はメーカーサイトよりご確認ください。Autodesk Inventor LT 2019 の動作環境