IT導入補助金 対象製品

BUS-6

建築基準法、各種基規準類に準拠。構造設計をトータルにサポート

BUS-6は建築基準法、各種基規準類に準拠し構造設計をトータルにサポートする一貫構造計算ソフトウェアです。建物の入力とモデル化の自由度が高く、部材の寄り寸法の考慮や不整形な建物形状の入力が可能です。

さらにBIMとの親和性が高く、一貫構造計算の結果を即座にBIMモデルに反映できることで、3Dベースの設計ツールとしてもご利用いただけます。

一貫構造計算ソフトとしての機能

BUS-6は一貫構造計算ソフトの機能として、建築基準法に準拠した一次設計、二次設計用の計算に対応しています。そのほかにも多くの設計基準に準拠しており、届け出用の構造計算書の出力機能を有しています。

一貫構造計算ソフトとしての機能

BUS-6に搭載された特長的な機能

BUS-6は直感的な入力操作、比較表示機能、複雑な建物モデルの作成機能など有しています。

特長的な機能

BIMとの連携で構造計算をもっと使う

BIMソフトウェアに対応するために、Autodesk RevitとBUS-6間で建物データの共有を可能にする「+Revit Op.」オプションが開発されました。ダイレクトなデータ連携により構造計算の活用シーンが広がります。

BUS-6の価格や動作環境はどうなっていますか?

BUS-6の価格、動作環境は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。