IT導入補助金 対象製品

BUS-6 二次設計(正確な弾塑性モデルと高速な解析機能)

偏心率、剛性率、層間変形角の計算

雑壁も考慮できる偏心率・剛性率

主剛床について偏心率、剛性率の計算を行い、建物の剛性バランスの確認を行います。フレーム面内の雑壁はもちろん、フレーム面外の雑壁も偏心率や剛性率に考慮することができます。偏心率計算は3種類の方法から選択することができ、不整形な平面形状でも精度高く建物の偏心率を求められます。

層間変形角

層間変形角は各層の各床上端間距離を用いて各層の柱の主軸方向ごとに計算し、その最大値を用いてルート判定、剛性率を計算します。S造建物の床などのように、はり、スラブ上端高さが異なる場合はその補正ができます。

保有水平耐力計算

解析モデル

立体フレーム解析・擬似立体フレーム解析・平面フレーム解析について下表のMNモデル、MSモデルから選択できます。各MS(マルチスプリング)モデルでは、直接入力によりMNモデルを混在させることもできます。

BUS-基礎構造(別売)と併用する場合、杭を考慮した杭一体立体モデルとして解析ができます。

部材の塑性化モデルと外力分布

はり、柱部材の剛域と危険断面位置は別々にモデル化できます。はり、柱部材の塑性化モデルとRC袖壁付柱のMSモデルを示します。一次設計で用いたAi分布から求めた外力分布に比例する増分荷重を与えて解析します。外力分布形はQun分布の指定や直接指定することもできます。

冷間成形角形鋼管の扱い

柱に冷間成形角形鋼管を使用した場合には、指定により通常の保有水平耐力計算と局部崩壊層の判定による柱耐力低減を行った保有水平耐力計算の両方を一度に検討できます。

保有水平耐力計算の終了条件

保有水平耐力時とDs算定時についてそれぞれの終了条件を設定することができます。

そのほかの判定

  • 塑性化の判定
  • 部材種別の判定

M-N図