IT導入補助金 対象製品

Design BOM

設計段階における原価の見える化サブスクリプションサービス

設計段階における原価低減活動の重要性は増していますが、アセンブリの構成品の原価積算に時間を費やしてはいませんか? その原因の一つに「CADデータと原価データが別々に運用されている」ことが挙げられます。

Design BOMを導入いただくと、設計部が持つCADデータと資材・購買部が管理する原価データをひも付けられます。原価積算作業をシステム化するだけでなく、製品形状と原価データを見える化できるので、企画・開発段階に従事する設計者の原価管理作業をご支援します。

  • * 本ページでの原価とは、ある部品を調達する際にかかる費用。部品の製造費用または購入費用を意味します。

原価を視覚化し、理解しやすく

3Dデータ上で原価を見える化

Design BOMはアセンブリの3Dデータを原価帯ごとに色分けして表示。原価が高い部品はハイライトされます。

さらに、類似形状検索を用いると、部品の共通化や安価な部品への代替えなど見合う部品を探し出せます。数パターンのコスト情報との突き合わせる手間を削減します。

製品原価の推移をグラフ化

目標単価を設定と現在の原価超過率を管理できます。デザインレビューや出図などの設計フェーズごとに計算結果を保存しておけば、製品原価の推移と目標原価の到達状況の進捗をグラフ化でき、原価低減の成果を記録することができます。

過去のデータ資産を流用し、スピーディーかつ精度の高い見積りを実現

Design BOMは過去に設計した3Dデータやその原価といったデータを活用して原価見積りを行えます。

新規部品の原価を見積もる際には、類似形状検索機能によって過去に製作した実績のある部品の原価を参照できるため、見積りスピードと精度を両立できます。

導入のハードルが低いから早期導入が可能

Design BOMの導入は容易に行えます。3D CADデータと原価一覧をDesign BOMに取り込むだけで積算作業が可能になります。Design BOMを早期から導入し、CADデータと原価データを蓄積していくことによって、次第に精度の高い見積りが可能になります。

また、価格情報のメンテナンスも容易です。資材・調達部門の有する最新の価格情報をDesign BOMに反映することで設計部門と資材・調達部門の情報共有がシステム化できます。このとき、Design BOMを使用する際にCADのライセンスは不要ですので、資材・調達部門にCADライセンスを割り当てる必要はありません。

Design BOMをもっと知る