Design BOMとSOLIDWORKS Costingを併用した効果的な原価見積り

SOLIDWORKS Costingで見積もった原価をDesign BOMに反映

Design BOMは、アセンブリや構成部品の3D形状と原価を確認しながら見積りを行えますが、一部の部品をSOLIDWORKS Costingで見積りし、その見積値をDesign BOMへ反映できるようになりました。

Design BOMとSOLIDWORKS Costingは得意分野が異なるため、あわせて使用することで相乗効果が得られます。今回はそれぞれの製品の得意分野を生かした運用例をご紹介します。

Design BOMとSOLIDWORKS Costingそれぞれの得意分野

Design BOMの得意分野

Design BOMの得意分野は、アセンブリや構成部品、ユニット単位での原価の「見える化」です。アセンブリの目標原価と見積原価の乖離(かいり)を瞬時に算出することができます。

さらに、類似形状検索機能を活用することで、部品の共通化による原価低減や類似部品の原価に基づいた設計者の部品見積りの精度向上を支援します。

SOLIDWORKS Costingの得意分野

SOLIDWORKS Costingは、材質・加工方法などを加味した1部品の見積りを得意としています。材料費や加工コストのコストテーブルを整備することにより、部品の設計を行いながらリアルタイムに原価を算出することができます。

自社のコストテーブルに基づいた原価算出により、だれでも同じように原価を算出できるようになります。そのため、SOLIDWORKS Costingは、自社で製作する新規部品や設計変更部品の原価見積りを得意分野としています。

Design BOMとSOLIDWORKS Costingで見積りの平準化とハイスピード化

Design BOMとSOLIDWORKS Costingを活用することにより、両製品の得意分野の「いいとこ取り」ができます。

SOLIDWORKS Costingで見積もった値は、Design BOMに自動で取り込めます。Design BOM上で、設計者が見積もった「SOLIDWORKS Costingの見積値」と自動計算で算出される「過去の実績値を参考にした見積値」のどちらを採用すべきか見比べて、右クリックで簡単にDesign BOMの見積単価に適用できます。

原価低減施策の一連の流れがシームレスに

さらに、Design BOMの部品データからダイレクトにSOLIDWORKSデータを開けるようになりました。そのため、原価低減施策の一連の流れがシームレスに行えます。

  1. Design BOMのビジュアライズ機能で高コスト部品を色分け

  2. SOLIDWORKSで原価低減のための再設計検討

  3. SOLIDWORKS Costingで加工コストを算出

  4. Design BOMへフィードバックしてアセンブリ全体の見積りの合計値を自動で算出して把握

このようにSOLIDWORKS CostingとDesign BOMを併用することで、より効果的な原価見積りを行えるようになります。