IT導入補助金 対象製品

FAP-3 プログラム関連図

  1. CADファイルを読み込み、架構データを作成できます。
    対応形式:mps、mpz、mpx、mpw、mpp、dwg、dxf、jwc、jww、sfc、p21
  2. モデル図、応力/変位図、3DモデラーをCADファイルとして出力できます。
    対応形式:mps、mpz、mpx、dwg、dxf、jwc、jww、sfc、p21。3Dモデルはjwc、jwwで保存できません。
  3. BUS-6のデータを利用でき、BUS-6の適用範囲を超えたより詳細な検討が行えます。
  4. WOOD-STの解析モデル(節点・部材剛性・荷重)を転送し、応力状態の確認や部分的に詳細な検討を行えます。
  5. SNAPに構造物のデータを渡し、静的増分解析や動的解析を行えます。部材強度や履歴特性はSNAP側で入力します。
  6. MED-3に部材断面と解析結果の応力に関するデータを渡し、断面計算ができます。
  7. MED-3の算定計算で求めた断面寸法や追加・変更した断面寸法を反映できます。
  8. FEM-2Dに平面板要素、部材データと解析結果の節点変位を渡し、細部の変位や応力度分布を詳細に表示できます。