JMAGとSOLIDWORKSの連携は標準機能、CAPRI連携で何ができるのか?

アドインではないCAPRI連携機能ならではの利便性

JMAGは独立した電磁場解析ソフトウェアですが、CAPRI連携機能を利用すると対象3D CAD(注1)とシームレスに連携が可能です。さらに、SOLIDWORKSとのCAPRI連携は標準機能となっています。

アドインとは異なるCAPRI連携機能を利用すると、どのようなことができるのかをご紹介します。

  • (注1)CATIA、SOLIDWORKS、NX、Creo Parametric

CAPRI連携でできること

3D CADのファイル形式をそのまま読み込める

3D CADのファイル形式を変更せず、そのまま読み込むことができます。モデルデータを中間ファイルに置き換えるといった手間をかけずに、直接取り込めます。

設変の場合も解析条件を維持できる

3D CADに変更があった場合「更新ボタン」をクリックすると、設定済みの条件を維持したまま新規解析ケースを作成します。既に準備済み、実施済みの解析には影響を与えないため、元の作業がなくなる心配はありません。

JMAG内で寸法変更が可能

JMAG内だけで3D CADで設定した寸法を変更できます(パラメトリック解析)。形状の寸法違いによる検証をJMAG内のみで行えます。

計算実行中もCADを使える

JMAGで計算中でも3D CADは自由にご使用いただけます。アドインでは解析実行中に3D CADが利用できないという場合もありますが、CAPRI連携ではJMAG計算中でも3D CADは自由に使えます。

CAPRI連携の必要条件

CAPRI連携機能を利用するには、次のいずれかを満たす必要があります。

  • JMAGと該当3D CADが同一マシンで起動できること。
  • JMAGと該当3D CADが別マシンの場合、CAPRI連携サーバー(オプション)の導入。