MakerBot Replicator Z18

大型モデルも1回で造形!想像を創造できるシリーズハイエンドモデル

MakerBot Replicator Z18は、MakerBot Replicatorシリーズ最大のビルドエリアと高精度を併せ持つシリーズハイエンドモデルです。今まで高額なハイエンド3Dプリンターでしか造形することができなかった高精度な大型モデルを低価格のMakerBot Replicator Z18で簡単に造形できます。

  • * 本ページに掲載した画像は株式会社ストラタシス・ジャパンより転載許可を得て掲載しています。

MakerBot Replicator Z18 製品特長

大容量のビルドエリア

MakerBot Replicator Z18の造形エリアは、L 305×W 305×H 457mm(ミリメートル)とReplicatorシリーズ最大。より大きな作品を、より大きなアイデアから作り出すことが可能です。

密閉型のビルドチャンバー

MakerBot Replicator Z18は、大型の造形物を最小限の歪みでプリントできるよう密閉型の加熱式ビルドチャンバーを搭載してます。

0.1mm(100μm)の積層ピッチ

MakerBot Replicator Z18は、積層ピッチ0.1mm~0.3mmでの設定が可能です。デモンストレーションやプレゼンテーションのためのリアルなプロトタイプとモデルを作成可能です。

新設計のスマートエクストルーダー

MakerBot Replicator Z18のスマートエクストルーダーは磁石で固定されているため、交換が簡単。プリント中の異常を検知、自動で中断し、MakerBotデスクトップアプリケーションに通知します。

四つの接続方法と信頼の第5世代テクノロジーを搭載

MakerBot Replicator Z18は次の四つの接続方法に対応しています。

  • Wi-Fi
  • Ethernet
  • USBケーブル
  • USBメモリー

また、内蔵カメラやクラウド接続機能を使って、どこからでもMakerBot Replicator Z18を制御できます。使いやすさ・品質・信頼性において、全て刷新された第5世代テクノロジーを搭載したReplicatorシリーズをぜひご体感ください。

動画で分かるMakerBot Replicator Z18

メイカーボット・インダストリーズ社のCEOが、MakerBot Replicator Z18のコンセプトや特長を分かりやすく説明しています。

MakerBot Replicator Z18 動画再生

MakerBot Replicator Z18 仕様

プリントヘッド数1個
造形範囲305×305×457mm
積層ピッチ0.1mm
フィラメント径1.75mm
ノズル経0.4mm
造形材料(フィラメント(注1))PLA樹脂
カメラ機能あり
本体サイズ493×565×854mm
本体重量41kg
データ転送USB接続、Ethernet、Wi-Fi

MakerBot Replicator Z18 価格

製品価格(税別)
MakerBot Replicator Z18886,800円

ユーザーマニュアルダウンロード

MakerBot Replicator Z18のユーザーマニュアルをダウンロードいただけます。

MakerBot Replicator Z18 ユーザーマニュアル(PDF)[9,521KB]