Mate WS 製品特長

Xeon、高性能グラフの搭載が可能な省スペースデスクトップ。3D CAD、レンダリングなどの高度な設計処理の要求にもパワフルな性能でスムーズに応えます。

クリエイターの高度な描画処理要求に対応

パフォーマンスと信頼性に優れ、ビジネスの生産性向上を可能にするWindows 10 Pro for WorkstationsをプリインストールOSとして用意。クリエイターの創造性を表現する業務に適したCPUであるインテル Xeon W プロセッサー、グラフィックボードにはNVIDIA Quadro P620を標準搭載しています。

ソフトウェアベンダー各社と連携し、主要な3D CAD / BIM・CIMアプリケーションで安定稼働できるよう高負荷テストやISV認証取得を実施。3D CAD、レンダリングなど負荷の高い処理も高性能なスペックで応えます。また、負荷率50%のとき、変換効率92%以上をクリアする80 PLUS プラチナ電源を採用。AC / DC変換時の電力ロスを抑え、省電力化を可能にしました。

ISV認証/取得予定のアプリケーション一覧

Media and Entertainment

AvidAvid Media Composer

Design and Manufacturing

AltairAltair HyperWorks
AutodeskAutodesk Alias 2020 / 2021
AutodeskAutodesk VRED 2018 / 2019 / 2020 / 2021
AutodeskAutodesk AutoCAD 2019 & 2020
AutodeskAutodesk Inventor 2018 / 2019 / 2020 / 2021
AutodeskRevit
AnsysAnsys 19.x, 2020 R2
BentleyBentley MicroStation V8i, CONNECT Edition,
MicroStation Select Series 10, LumenRT
Dassault SystemesDS 3DEXPERIENCE Release 2017x, 2018x 2019x, & 2020x
Dassault SystemesSolidWorks 3DEXPERIENCE
Nemetschek CompanyVECTORWORKS 2020 / 2021
PTCPTC Creo 4.0 / 5.0 / 6.0 / 7.0
SiemensSiemens NX11.0
SiemensSiemens Teamcenter Visualization 10.1
SiemensSiemens Tecnomatix 11,12
SiemensSiemens Solid Edge 2020

Mate WSならTGXで遠隔操作が可能

リモートデスクトップソリューション「TGX」を利用するには送信側センダーと受信側レシーバーの最低2台のコンピューターが必要です。

センダーはCADなどのアプリケーションソフトを動作させてデスクトップ画面を共有するリモートワークステーションでMate WSを使用します。レシーバーはTGXを使ってワークステーションのデスクトップ画面を共有して、操作するローカル端末を用意する必要があります。

新しい時代のリモートソリューション TGX Remote Desktop

動画で分かるTGX

この動画は音声が含まれます。再生時は音量がオフになっています。再生中に動画プレーヤーの音量を調節してください。

幅約89mmのコンパクトモデルに各種インターフェイスを装備

幅約89mmのコンパクトな筐体に各種インターフェイスを装備した省スペースデスクトップです。高速なデータ転送が可能なUSB 3.1×2ポート、USB 3.0(Type-C)×1ポートをはじめ、計9個のUSBポート、最大7画面の同時接続が可能なディスプレイ端子、シリアルポート、HDMI端子、無線LANなどを装備。SSD+HDDの搭載にも対応しています。

仕様