IT導入補助金 対象製品

M-draw for Revit

業界初! Revit対応のモデル建物法省エネ計算支援ソフト

M-draw for Revitは、AutodeskのBIMソフト「Revit」の建築モデル情報を活用して、モデル建物法による省エネ計算を行うアドオンソフトです。Revitから室・外皮・フロア情報、背景図シートなどを自動抽出し、面積拾いと根拠資料作成を効率的に行います。

  1. RevitからM-draw for Revitアドオンを実行。連携設定画面を経由してM-draw for Revitが起動。
  2. Revitの建物モデルから計算に必要な室(Revitスペース)・外皮・フロア情報、背景図シートを自動連携。
  3. 連携情報を元に、M-draw for Revit専用作図画面で省エネ計算で必要な修正作業を実施。
  4. 作図情報から拾われた面積情報等をWebプログラムにアップロードし計算結果を取得。
  5. M-draw for Revitで作成した根拠図面は適判届出用の書類としてそのまま提出可能。

シンプル・分かりやすさを追求

Revitにインストールされるアドオンメニューを一新し、シンプルで分かりやすくなりました。計算実行前の設定画面はウィザード形式なので、ウィザードに沿って設定していけば計算が可能。初めての方でも迷いません。

操作画面

自動生成・集計でスムーズに

省エネ計算上必要な情報をRevitから取り込み、省エネ申請で使用できる根拠図面を自動生成。根拠図面の作図時間を大幅に短縮します。

M-drawで作図した図面から、モデル建物法上最も煩雑な外皮情報を自動集計します。M-drawで自動集計された外皮仕様は入力シートへ自動転記されます。

機能紹介

適判届出書作成に完全対応

省エネ計算業務に特化した機能を盛り込み、適判で必要な提出書類を作成できます。

主な出力形式

  • 届出書
  • 計画書
  • 基本情報・床面積表・壁リスト
  • 根拠図面
  • 印刷・ファイル など

M-draw for Revitをもっと知る

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

M-draw for Revit オンラインデモデー開催日ご相談

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。