MDX-540シリーズ

高度な試作加工を誰もが行える環境を目指して

製造現場に求められる高精度、操作性、適応性を集約したMDX-540シリーズ。特に操作性においては、加工の専門知識がなくてもスムーズにデータを作成いただけるよう、対話形式・5ステップで設定が完了する機能を搭載しています。データ送信から仕上げ加工終了まで自動で行えるMDX-540シリーズにお任せください。

MDX-540S-AP

このようなお客様に導入いただいています

業種導入の効果
電子部品製造検査治具・組み立て治具・位置決め治具・フローパレット、さまざまな治具を内製化することで納期を短縮しコストを大幅削減
プラスチック加工業極小ロットで精度を必要とされる樹脂部品加工にも柔軟に対応。細かな仕様や形状の変更も開発データを活用して、製作にかかる工数を削減
樹脂成型業ガラスエボキシ、ポリアセタール、硬質アクリル、ベークライト、切削用アルミなどさまざまな素材や形状への追加工も対応
  • 治具制作

  • 樹脂加工

  • 追加工

加工の専門知識がなくてもスムーズにデータを作成可能

MDX-540シリーズは一枚板テーブルの採用や内部演算処理の効率化、スムージング性能の向上により、曲面のなめらかさと仕上がりの美しさを実現。そのほか、手間のかかる刃長測定や原点設定、ツールチェンジも含めて、データ送信から仕上げ加工終了までMDX-540シリーズで完結します。

  • 高品質で美しい仕上がりとパワフルさを両立

  • オートツールチェンジャーで仕上げまで一工程で

製品特長

加工の専門知識がなくてもスムーズにデータ作成可能

MDX-540シリーズは、加工の専門知識がなくてもスムーズにデータを作成いただけるよう、CAMソフトウェア「SRP Player」を付属しています。SRP Playerは数値入力と簡単な選択をするだけの対話形式・5ステップで設定が完了します。専門知識は不要ですぐに切削データを生成できます。

機能紹介

用途に応じて選べる3製品をご用意

MDX-540シリーズでは、次の3製品をご用意しています。用途に応じてお選びいただけます。

製品概要
MDX-540X 500×Y 400×Z 155mmのワイドな加工サイズと導入しやすい価格。3DCADデータをフル活用し、外観デザインやパーツ試作、簡易金型製作、生産治具製作、小ロット生産まで幅広く活躍
MDX-540SMDX-540のワイドな加工サイズと使いやすさはそのままに、切削精度を一気にグレードアップ。精密ボールねじを採用し、バックラッシュを大幅に軽減。切削物の嵌合精度が高いため固定治具や検査用治具の製作や小ロット生産に最適な切削加工を実現
MDX-540S-APATC(自動工具交換装置)や各種キットを標準装備したオールインワン・パッケージモデル。大型のNCマシンの加工機と比較して設置も短時間で完了でき、導入後すぐに本格稼働が可能

製品ラインアップ

MDX-540シリーズの価格や仕様はどうなっていますか?

MDX-540シリーズの価格、仕様は次よりご確認ください。価格のご相談や見積り請求もお気軽にお問い合わせください。