Leicaレーザースキャナーのスキャンスピードを比較してみた

リリースされたLeica RTC360はどのくらい高速スキャン可能なのか?

Leicaよりリリースされた「Leica RTC360」は高速スキャン、そして高品質なカラー3次元点群データとHDR画像の生成に定評のある3Dレーザースキャナーです。スキャンスピードに定評があるRTC 360ですが、実際のスキャンにはどのくらい時間がかかるのでしょうか?

これまでLeicaがリリースしてきた小型レーザースキャナーBLK360や上級モデルScanStation Pシリーズを用いて、スキャンスピードを比較しました。

この記事を詳しく解説した資料があります

比較検証に使用したLeica レーザースキャナー

今回の比較検証には、BLK360、RTC360、ScanStation P40の3製品を用いました。

  • 小型・軽量なBLK360

  • 中型・軽量なRTC360

  • 上級モデルScanStation P40

 BLK360RTC360Pシリーズ
最大測定レンジ60m130m120m・270m・1km
スキャンスピード360,000点/秒最大2,000,000点/秒最大1,000,000点/秒
距離精度4mm@10m1mm+10ppm1.2mm+10ppm
最小スキャン密度5mm@10m3mm@10m0.8mm@10m
詳細スキャン××
ターゲットスキャン××
傾斜補正装置××
GPS・IMU・コンパス×・○・×○・○・○×・×・×
動作温度範囲+5~+40℃-5~+40℃-20~+50℃
重量1kg5.35kg12.25kg

スキャンスピード比較

それぞれ約6mm@10mに設定し、同じ場所にてスキャン開始しました。今回はスキャニングと写真撮影の合計を計測時間とします。

RTC360は1分51秒、次いでBLK360が6分35秒、ScanStation P40が10分15秒かかる結果となりました。

RTC360そのほかの条件での測量スピード

スキャン条件を変更した場合でも、表のように高速でスキャニングできることが分かります。

スキャン密度スキャンレート最大測定距離スキャン時間スキャン+写真撮影時間
3mm@10m2MHz65m1分51秒3分弱
6mm@10m1MHz130m51秒1分51秒
12mm@10m0.5MHz130m26秒1分26秒

なぜRTC360はスピーディーなのか?

RTC360は1秒間に最大200万点をスキャンできるハイパフォーマンス3Dレーザースキャナーだからです。

土木・建設分野においては測量時間の短縮に大いに役立つでしょう。すぐに焦点のずれなどを確認できるので、必要に応じて撮り直しも繰り返せるため、撮影計画に基づいた要求精度を満たす3次元測量データの取得につながります。

合成に役立つ機能を搭載

そのほか、ユーザーの設定なしに自動的に合成処理を行うVisual Inertial System(VIS:ビジュアル慣性システム)や現場からオフィスにデータをシームレスに転送したりと、現場の作業時間短縮に役立つ機能を搭載しています。

建物などの大きな対象物や広域を計測する場合、さまざまな方向から撮影し最終的に一つデータに合成するという流れが一般的です。RTC360はGPSを内蔵しているため、自身がどの位置に移動したのかをメモリーでき、合成の際にずれが生じにくいという利点があります。

また、RTC360は1度のスキャンに付き2回転し、両回転でスキャンできた物だけを静止物と認識します。1回転にだけスキャンした対象は動きのある人や動物、乗り物と認識し、合成の際に自動で取り除けます。

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

最新レーザースキャナー Leica RTC360
3Dリアリティキャプチャーソリューションのご紹介

主な内容

  • Leicaの地上型レーザースキャナー
  • Leica RTC360
  • RTC360 ソリューション