SeACD for Revit

空調設計は換気や熱負荷の計算、空調・機器の選定など多岐にわたるため、さまざまなソフトを使い分ける必要があります。

SeACDとオートデスク社のBIMソフト「Revit」と連携がとれる「SeACD for Revit」を使用すると、空調設計ワークフローを短縮できるだけでなく、RevitとSeACD for Revitと二つのソフトで作業を完了させられます。

SeACD for Revitを用いると空調作業フローが圧倒的に短縮される

【無償ご提供中】SeACD for Revit β版

正式版の開発を進めるために、株式会社イズミシステムズでは、β版を無償ご提供しています。ぜひご利用のうえ、ご意見・ご要望をお寄せください。

SeACD for Revit β版 ダウンロード 申請フォーム

  • * 実務利用に対しての保証はありませんのでご了承ください。

RevitとSeACDがシームレスに連携

Revitで設計した建物情報・室情報を基に、SeACD for Revit側で換気機器・空調機器などの機器情報を選定。選定した機器(ファミリ)をRevitの各室に自動配置することができます。また、空調・ダクト選定にダクトのモデリングも不要なため、設計初期での活用も可能です。

RevitとSeACDは同期されているのでソフト間の不整合は発生しません。度重なる設計変更にも迅速に対応できます。

ベースとなる負荷計算の情報は、STABRO 負荷計算 for Revitの情報をRevitを介してSeACDに受け渡すこともできる

選定した空調・換気機器をRevitに自動配置

SeACD for Revit内で各室の換気機器の選定し、空調は負荷計算結果を基に空調機器の台数・能力を選定します。選定結果を元にジェネリックファミリ(注1)を各部屋へ自動配置することができます。

  • (注1)RUG(Revit User Group)が提供している日本の属性情報に準拠した汎用の設備ファミリ。

各種集計表、根拠資料を自動出力

換気・空調機器の選定結果を元に、SeACD for Revitから系統図、機器表、集計表を自動出力することができます。