IT導入補助金 対象製品

SeACD for Revit

選定機器を自動でプロット。Revitの設備設計での活用を支援

SeACD for Revitは、AutodeskのBIMソフト「Revit」で空調・換気機器を選定するソフトウェアです。

Revitと連携させるとSeACD for Revitで諸元情報を自動抽出します。換気・空調機器を選定後は、ファミリとしてRevitに自動配置したり系統図や機器表として出力したりすることができます。

従来の空調設計を変える

空調設計は換気や熱負荷の計算、空調・機器の選定など多岐にわたるため、さまざまなソフトを使い分ける必要があります。

SeACD for Revitを使用すると、空調設計ワークフローを短縮できるだけでなく、RevitとSeACD for Revitと二つのソフトで作業を完了させられます。

Revitと諸元情報を共有

Revitと諸元情報を共有し、SeACD for Revitで換気・空調機器を選定します。メーカーのカタログデータでの選定が可能です。機器情報はファミリ(注1)としてRevitに自動配置したり系統図や機器表として出力したりすることができます。

Revitとの諸元情報の連携

  • (注1)現状はジェネリック(汎用)ファミリにメーカー機器情報が上書きされます(将来はメーカーファミリ搭載予定)。

SeACDをもっと知る

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

SeACD for Revit オンラインデモデー開催日ご相談

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。