SOLIDWORKS 2020 ワークフローの効率化

SOLIDWORKS 2020では、従来のバージョンでは困難だった作業の改善が行われています。これらの新機能や新たなワークフローによって、製品開発プロセスの強化を実現します。

オフセットサーフェスの強化

エラーによりオフセットが困難だった形状でも、エラー面を特定するプロセスが自動化され、容易にオフセットができるようになりました。従来バージョンではユーザーがエラー面を探す必要がありましたが、この機能強化により手間を掛けずにオフセットサーフェスを生成できます。

オフセットに失敗する面を自動で検出しハイライト表示

フレキシブル構成部品

フレキシブル構成部品を使用すると、機構により生じる部品の変形を容易に表現することができます。事前に定義された外部参照を製品アセンブリ上で置き換えることで、元データに影響を与えずに形状の変更を確認できます。

蛇腹やヒンジ、スプリングといった部品の変形を容易に再現

直列寸法

図面の寸法コマンドに新たに直列寸法が追加されました。スマート寸法コマンドよりも少ないクリック数で、複数の寸法を整列させた状態で挿入できます。

直列寸法と基準線寸法を切り替えたり、寸法が削除された場合に途中の寸法で差分を補完したりすることもできる

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。