SOLIDWORKS 2020 パフォーマンスの改善

SOLIDWORKS 2020では、大規模なアセンブリ設計や検証解析にかける時間を大幅に短縮できるようになりました。

ディテイリングモード

SOLIDWORKS 2020よりディテイリングモードが搭載されました。ディテイリングモードとは参照しているモデル情報を読み込まず、制限はあるものの図面の編集作業を行えるモードです。

大規模モデルの図面でも瞬時に開いて編集できるように

エンベロープ作成

従来のバージョンでは、トップアセンブリ内の部品を参照したトップダウン設計を行うには手間がかかる作業でした。

SOLIDWORKS 2020より、エンベロープ作成機能により大規模アセンブリでのコラボレーションをシンプルにし、トップダウン設計をスムーズに行える機能が追加されました。

  • アセンブリ内で指定した構成部品をサブアセンブリのエンベロープとしてそのまま追加。
  • エンベロープはトップアセンブリとの外部参照を持ち、変更を反映。

大規模デザインレビューモードの強化

大規模デザインレビューが強化され、より幅広い作業に対応しました。

  • 従来バージョンに加え、構成部品の直線/円形パターン、Ctrlキーによるコピー&ペースト、構成部品の参照ジオメトリを使用した合致に対応。
  • Tab / Shift+Tabキーによる表示/非表示切り替えや選択部分の拡大表示に対応。

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。