再生可能エネルギー装置開発におけるSolidWorksの導入効果

いま最も注目される市場、再生可能エネルギー産業!SolidWorksで業務改善をしませんか?

これまで石油や石炭、原子力等、限りある資源の使用やリスクの高い発電システムに頼ってきました。
しかし、自然災害により大きな被害を受けた今日のエネルギー産業では、より安全なエネルギーが求められるようになってきています。
そこで、新たなエネルギー源として、環境への負荷が少なく、安全なエネルギーとして利用可能な「再生可能エネルギー」を用いた発電技術が注目を集めており、いまや多くの企業がクリーンエネルギーを活用した装置開発に参入し始めています。

安全で環境負荷の少ない再生可能エネルギーを活用したエネルギー産業が注目されています。

現在の発電方法で起こる問題再生可能なクリーンエネルギー
環境汚染、温暖化、CO2排出、放射性物質、リスク高太陽光・太陽熱、水力・波力、風力、燃料電池、地熱

激化する競争を生き抜く業務改善

競合他社に打ち勝ち、市場で生き抜くためには

多くの企業が参入することで市場にはより多くの競合製品が出回るようになり、市場での製品競争はより激しいものへと変化していきます。競合他社に打ち勝ち市場で生き抜くためにはより高い品質・製品価値を持った製品開発が必要になっていきます。
コストや開発期間を削減し、競争力のある製品の開発するため、より効率的に製品開発が行える設計環境の導入、業務の改善が企業にとって重要なテーマとなります。

エネルギー装置の開発に求められる要素を備えたCADシステム

設計に用いられるCADシステムは設計者の業務効率や製品の品質に大きな影響を与えるため、業務改善を行う上で重要な選定項目となりますが、設計する製品に適した機能を持つCADシステムでなければ意図する効率化は困難になります。

装置設計で起こりやすい、下記のような問題に対応できるCADシステムが必要

  • パフォーマンス低下による効率ダウン。
  • 複雑な曲面形状作成による工数の増加。
  • 手計算による熱・流体の結果予測が困難。
  • 類似した別規格の製品作成が多数必要

エネルギー装置の設計効率を改善するSolidWorks

エネルギー装置の設計では業務の効率化や作成する製品の品質を向上させるための機能として、大規模アセンブリへの対応や複雑な曲面形状のモデリング、熱源・発熱部品への配慮、製品内外の流体影響の評価等、さまざまな機能が求められます。
SolidWorksは優れたパフォーマンスや豊富な検証機能を活用することでこれらの問題に対応し、設計の効率化、製品の品質向上を図ることが可能です。

大規模のアセンブリへの対応

1km^3のアセンブリ構築

1km^3のアセンブリ構築

曲線形状のモデリング

複雑な曲面形状部品の作成

複雑な曲面形状部品の作成

アセンブリでの機構解析

製品上の機構確認

製品上の機構確認

配管・配線モデル作成

配管モデル・電子機器の設計

配管モデル・電子機器の設計

設計データを使った応力解析

負荷や熱源への配慮

負荷や熱源への配慮

製品内外流体解析

性能を左右する流体効率の評価

性能を左右する流体効率の評価

環境影響評価ツール

データベースによる自動設計

設計データの再利用

3次元CADの特性を生かした業務改善

3次元CADであるSolidWorksは作成するソリッドモデルの特性を生かし、設計を行いながらさまざまな検証を行うことが可能です。設計の後工程で致命的な問題となり得る部品同士の干渉問題や、機構部分の挙動確認、製品使用時の応力計算による強度過不足、製品により生じる流体への影響等を、設計データを基にCAD上で行うことが可能です。
このような製品の安全性・性能を左右する検証作業を、設計を行いながら初期段階で行うことで、適切な強度、質量を持った製品作成を行うと同時に、検証作業に必要な工数を大幅に削減することが可能になります。

SolidWorks検証機能

SolidWorks検証機能により設計初段階で下記の問題が評価・解決することができます。

  • 製品が受ける負荷・重量に対する耐性
  • 製品内の機構ユニットの動作
  • 太陽光や電源装置による熱の影響・耐性
  • 製品内部の空気・水の流体
  • ファン・タービンの製品評価 など。

SolidWorks検証機能による設計変更件数の図表

詳細資料

資料のサンプル

資料のサンプル

このトピックスに関する詳細な情報を掲載した資料をご用意しております。ご希望されるお客様は、下記よりお気軽に資料請求してください。

資料請求

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ