3DEXPERIENCE WORLD 2020 レポート

SOLIDWORKSの年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE World 2020(旧「SOLIDWORKS WORLD」)」が2020年2月9~12日に米国テネシー州ナッシュビルで開催されました。

今回、新たなポートフォリオとして、ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を基盤とした「3DEXPERIENCE WORKS」が発表されました。

3DEXPERIENCE WORKS

「3DEXPERIENCE WORKS」とは何か

SOLIDWORKSのCEOであるジャン・パオロ・バッシ氏は「3DEXPERIENCE WORKS は、Connection(連携)、Integration(統合)、Automation(自動化)の三つのキーにより、考え、作る時間を確保し、業務効率を向上できる」と述べています。

3DEXPERIENCEプラットフォームは、コラボレーションツールやスケジュール管理、自動ソフトウェアアップデートなどの機能が含まれ、プラットフォーム上で稼働するアプリケーションとデータは全てクラウド上で一元管理されることにより、いつでも・どこでも・どのデバイスからでも必要な情報にアクセスできます。3DEXPERIENCEプラットフォームを利用することにより、情報共有によるコラボレーションが可能です。

3DEXPERIENCE WORKSは、3DEXPERIENCEプラットフォームの共通基盤上で、ダッソー・システムズのDELMIA(製造工程ソリューション)、SIMULIA(シミュレーション)、ENOVIA(製品ライフサイクル管理)などのソリューションの機能を細分化してご提供します。必要なアプリケーションを選択・活用し、業務を効率化することで時間とコストを削減し、イノベーションの創出に割り当てることができます。3DEXPERIENCE WORKS はユーザーに対し、新たな選択肢と価値をご提供します。

3DEXPERIENCE WORKS のアプリケーションは、全ての共通したデータと情報に連携(Connection)、統合(Integration)されているため、最新のデータや状況が常に把握でき、プロセスが継続的なループとなり、構想、シミュレーション、設計、サービス、製造、管理という各業務間にギャップが発生しません。

アプリケーションを「ロール(役割)」として提供

3DEXPERIENCE WORKS は、3DEXPERIENCEプラットフォーム上で動作する多くのアプリケーションを特定の業務やタスクごとに「ロール(役割)」として提供されます。 一つのロールの中に複数のアプリケーションが含まれることもあります。

3D CreatorXdesignを使用して、3D設計を迅速に作成しコラボレートします。
3D SculptorxShapeを使用して、サブディビジョンモデリングソリューションにより容易に有機的な形状を作成します。
Collaborative Business Innovator人とデータを結び付け、チームや部門、企業内の革新を促進します。
Collaborative Industry Innovatorデータライフサイクル管理を提供します。

3DEXPERIENCE WORKS は、サブスクリプション方式(定額制サービス)で提供されるため、必要なロールだけを選択することで初期投資を抑えられます。

アプリケーションの強化

また、3DEXPERIENCE WORKS で提供するアプリケーションも強化されています。

例えば、AIと機械学習による「自動化」機能で、手間と時間のかかる非効率な作業から開放します。3D Creator に含まれる xDesign には、既にAIおよび機械学習による選択機能(SELECTION HELPER)とスケッチ機能(SKETCH HELPER)が搭載され、さらに、アセンブリ時に部品を紐付けるだけで自動で合致できる「MATE PREDICTOR」もリリースされます。バッシ氏は「反復作業や単純作業はマシンに任せて、もっと思考したり、作ることに専念すべきだ。」と述べています。

また、今後以下のロールが追加される予定です。

  • 3D SHEET METAL CREATOR(Webブラウザー上で利用可能な板金設計)
  • 3D PATTERN SHAPE CREATOR(ビジュアルプログラミングベースの設計)
  • FUNCTION DRIVEN GENERATIVE DESIGNER(高度なマルチシナリオおよびマルチフィジックストポロジー最適化)

単なる一般的な最適化機能、ジェネレイティブデザインではなく、積層造形と切削加工のいずれの製造法にも対応する真のマルチシナリオ、マルチフィジックスによるトポロジー最適化機能など。

3DEXPERIENCE WORKS の三つのオファー

また、3DEXPERIENCEプラットフォームに接続される「3DEXPERIENCE SOLIDWORKS」も提供されます。データは3DEXPERIENCEプラットフォーム上に保存され、常に最新バージョンでの利用が可能です。

3DEXPERIENCE WORKS は、含まれるロールや3DEXPERIENCE SOLIDWORKS のパッケージにより、「Standard」「Professional」「Premium」の三つのオファーが利用可能になります。

3DEXPERIENCEプラットフォームに接続できることで、アプリケーションの自動更新、データ管理、バージョン管理などが可能となり、また、アプリケーション、情報、人は同じ場所で接続されます。

3DEXPERIENCE WORKS を活用することで、「情報共有によるコラボレーションや製品の改善・最適化などが可能である」「ユーザーはリアルタイムで設計データを共有・変更し、次のプロセスに進むことができるため、プロセス間のギャップが解消されて継続的な作業ループが可能になる」としています。

テクニカルプレビュー:SOLIDWORKS 2021

SOLIDWORKS デスクトップ製品向けに、開発中の新機能の一部を披露するためのテクニカルプレビューのセッションがありました。

ただし、これはテクニカルプレビューであり、新機能は完全に吟味されるまで常に変更され、次のリリースに搭載されることを保証するものではありません。

シートメタル カーブエッジフランジ

エッジフランジフィーチャーが、既存のベース、スイープ、またはエッジフランジの非平面正接エッジをサポートするようになります。

シルエット デフィーチャー

この既存の機能は、単純化されたアセンブリをコンフィギュレーションとして保存できるよう拡張されます。

ユーザー エクスペリエンス

SOLIDWORKS 2021の外観には、ユーザーが他のアプリケーションから必要な外観を選択できるカラーピッカーツールが追加されます。

選択すると外観のプロパティとモデルがすぐに更新されます。

図面-ディテイリングモード

ディテイリングモードの改善により、新しく作成された寸法に加えて従来の寸法を編集できるようになります。詳細ビュー、破断ビュー、およびトリミングビューの作成、変更、移動、および寸法と注釈の追加も可能になります。

穴寸法テキストは穴ウィザードの穴と押し出しカットの両方で使用できるようになります。

シミュレーション

非平面接触のメッシングのばらつきにより、互換性のないメッシュをボンド接触に使用したときに、より正確な結果が得られます。

メッシュ

ブレンドされた曲率ベースのメッシュの改善により、結果の精度を犠牲にすることなくメッシュ生成が高速化されます。