3DEXPERIENCE Platformとは

3DEXPERIENCE Platformのカギはコラボレーションにあり

ダッソーシステムズ社が提供する「3DEXPERIENCE Platform」は、未来のものづくりで求められるさまざまなソリューションをご提供するプラットフォームです。

2020年2月に「3DEXPERIENCE World 2020(旧SOLIDWORKS WORLD)」が開催されたこともあり、今回は3DEXPERIENCE Platformとは何かをご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料があります

3DEXPERIENCE Platformとは

3DEXPERIENCE Platformは設計から製造、サービス、マーケティングにいたる製品開発プロセス全体に必要なシステムの複合体です。ブラウザーでアクセスすると3次元CADツールをはじめ、コミュニケーション、データ管理、共有、解析などのツールを同一環境で横断的にご利用いただけます。

3DEXPERIENCE Platformが提供するソリューション

  • 業務運営基盤(ビジネスオペレーション)
  • 協業システム(コラボレーション)
  • データ管理システム
  • 製品設計・開発システム
  • コミュニケーションシステム

協業したものづくりを実現

開発プロジェクトメンバーが3DEXPERIENCE Platformにアクセスすることで、積極的なコミュニケーションを図れます。3Dデータを含む設計に関するあらゆる情報を共有できるだけでなく、メンバーが参加するコミュニティへアイデアや意見を投稿することで、設計レビューやフィードバックなどの議論が行えるソーシャル環境をご利用いただけるからです。

3DEXPERIENCE Platformの構造

3DEXPERIENCE Platformは「パブリッククラウド」になりますが、複数の要素からなる階層的な構造を持ちます。

ハードウェア環境である「データセンター」の中にプラットフォームとなる「パブリッククラウド」があり、その中にユーザーに割り当てられるデータ領域「テナント」があります。テナントの中にはユーザーが利用するツールのライセンスとなる「ロール」、さらにロールの中にはさまざまな機能をもたらす「アプリ」が複数含まれています。

役割に応じたロール設定

開発メンバーは共通のコラボレーションツールを利用し、さらに各自の役割に応じたツール(ロール)を割り当てられます。

中でもSOLIDWORKSカテゴリーに属するロール(3次元ツール)が3D Creator、3D Sculptorです。これらはもちろんブラウザーベースで使用でき、いずれかの機能を単独または任意のタイミングで切り替えられます。

  • 3D Creator:機械設計者向け・概念設計者向けの3Dツール
  • 3D Sculptor:工業デザイン・外装デザインに特化した3Dツール

3DEXPERIENCE WORKS

3DEXPERIENCE WORKSは、3DEXPERIENCE Platformの各種ツールをSOLIDWORKSデスクトップのお客様へご提供するポートフォリオです。

機能ごとに「SOLIDWORKS」、「ENOVIAWORKS」、「SIMULIAWORKS」、「DELMIAWORKS」のカテゴリーに分けられたロールがあり、ブラウザー上で利用できるアプリのほかSOLIDWORKSデスクトップにアドインして使用できるアプリがあります。

3DEXPERIENCE WORLD 2020 レポート

さらに詳しく知りたい方へ無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

3DEXPERIENCE Platform概要紹介

主な内容

  • 3DEXPERIENCE Platformを使う理由
  • ロールとアプリについて
  • 3DEXPERIENCE WORKSカテゴリ・ロール