STABRO 負荷計算 for Revit

Revitで国内基準の負荷計算を実現! STABRO負荷計算 for Revit

STABRO負荷計算 for Revitは、AutodeskのBIMソフト「Revit」のBIMモデルから室や壁などの情報を自動抽出し、Revit上で建築設計基準での負荷計算を可能にしたソフトです。計算結果をRevitに戻して機器選定などで活用することも可能です。

2020年4月に新バージョンをリリースし大幅な機能改善が行われています。

STABRO負荷計算 for Revitでできること

オートデスク株式会社製品「Revit」に標準搭載されているASHRAE基準 冷暖房負荷計算に代わり、STABRO負荷計算 for RevitはRevit上で国内基準の負荷計算を実現します(注1)。

  • (注1)一般社団法人 公共建築協会編集・発行「建築設備設計基準 平成30年度版」に準拠。

製品特長

STABRO負荷計算 for Revitをもっと知る

導入の前に・・・ 操作画面を見てみませんか?

大塚商会では、お客様とエンジニアのマシンをつなぎ、CADの操作をご覧いただく無料オンラインデモを実施しています。

  • 見たい機能を実際の操作画面を見ることができる。
  • その場でご質問・返答も可能。

オンラインデモデーのご案内

オンラインデモデー開催日

実施日

  • * 既にお持ちの製品に関する質疑応答は、お受けしかねます。ご了承ください。
  • * ご希望時間に沿えない可能性もあります。