• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

i-Reporter PLUS(連携パーツ)

通常、既存システムとの連携を行うには、つど個別カスタマイズが必要になり、時間と費用を要します。既存システムとi-Reporterの帳票データの連携を早く安価にお届けするために、大塚商会オリジナルツール「i-Reporter Plus」をご用意しています。

i-Reporter Plusは、ユーザー要望の多いカスタマイズ内容を機能ごとにブロックパーツ化していますので、必要なパーツだけを選んでご使用いただけます。

帳票発行パーツ

  • 日々発生する大量の入力帳票作成を自動化することで、現場での帳票作成業務の負担軽減。
  • 上位システムより出力されたCSVファイルを監視・取り込みし、入力前帳票を自動生成。

上位システムより出力されたCSVファイルを監視・取り込み、帳票を自動生成

帳票取得&CSV外部連携パーツ

  • 抽出条件を設定し、自動かつ定期的に帳票の取得が行える。
  • 後工程でのデータ活用に備え、CSVデータの並び替えも可能。
  • 登録帳票の状態監視を行い、指定状態の帳票が存在する場合はダウンロードし、所定フォルダーへ格納。
  • 基幹システムなどから出力されたCSVデータをフォルダー監視により取得し、適宜フォーマット整形を行う。

外部(eValue NSなど)との連携に使用

カスタムマスター連携パーツ

  • 基幹システムなどで持っているマスターデータとの同期自動化。
  • 定期的にフォルダー監視を行い、更新用CSVデータを取得。取得したCSVデータをカスタムマスターに適したフォーマットに整形し、登録。

顧客マスターに適したフォーマットで整形

メール送信&スケジュール連携パーツ

  • 帳票発行時や発行済み帳票クラスターの内容に応じて、メール通知(メールにはi-Reporter起動用のURLが自動生成される)。
  • 帳票発行時やスケジュール変更などのタイミングでスケジューラーに連携。

帳票発行時や変更があれば、スケジューラーに通知される

XVL連携パーツ

  • XVLファイルのプロパティ情報を活用し、i-Reporterとの連携自動化。iXVL Playerから任意の部品をクリックすると、所定の点検帳票がi-Reporter経由で起動。
  • XVLが保持するパーツ情報を自動エクスポート(XVL System Toolkit 使用)。
  • パーツ情報を利用し、入力前帳票とカスタムURLスキームを生成。
  • iPad閲覧用3Dパーツリスト生成、表示(iXVL Publisher使用、iXVL Player使用)。

XVLとの連携

メーカー担当者が熱く語る!「メーカーズボイス」もご覧ください

i-Reporter(アイリポーター)で紙帳票をモバイル活用

i-Reporterの魅力を開発元・株式会社シムトップス 松尾泰延氏にお話を伺いました。開発コンセプトや今後のアップデート計画などi-Reporterにかける熱い思いをご覧ください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP