• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Visual BOM 製品特長

Visual BOMは一元管理された情報への容易なアクセスを実現するために、各種マスター・変更管理機能をご用意しています。

業務・運用に則したマスター定義の実現

Visual BOMにログインすると、各種マスター情報を検索できる画面が表示されます。マスターごとに用意された検索画面から、目的の情報を探し出せます。

マスター 概要
品目マスター 自社製品や製品の構成部品情報を登録
図面マスター 設計成果物である図面や技術文書を登録
通知書マスター 設計変更における製造部門への通知
指示書マスター 設計担当者への指示書連絡
依頼書マスター 変更の起点となった依頼書

各マスターはお客様の業務や運用に合わせてカテゴライズできるため、管理対象とするマスターをいたずらに増やさずに目的の情報へ容易にアクセスいただけます。

一元管理された情報への容易なアクセス

プロパティ画面を開くと、登録されているマスターの最新情報を参照できます。プロパティは設計者が登録する技術情報や調達部門が登録する購買情報など、目的ごとに分けて表示できます。製品の図面や技術文書など各マスターを関連付ければ、欲しい情報をすぐに参照できます。

バージョン管理機能

バージョン管理機能により、過去に登録された情報もすぐに参照できます。最新情報との相違点をプロパティ、ファイル、3次元データを並べて確認できます。

部品の構成も一覧で確認

製品や組み立て品のマスターの場合、登録された部品表の参照し、構成部品の親子関係やプロパティを一覧で確認できます。選択した構成部品の図面や技術文書は部品表の画面上で参照できます。

また、全ての部品の図面や技術文書を一覧表示して、ファイルを一括でダウンロードすることも可能です。3次元データを登録していれば、部品表の隣に並べて表示できるため、全ての部門に部品の数量と使用箇所を間違いなく伝えられます。

組み立てや加工工程も部品表に登録

設計部品表に加えて、組み立てや加工工程を定義した製造部品表もご登録いただけます。製造部品表は設備違いの製造ラインや拠点の数だけ定義できます。設計と製造の部品表を管理すれば、設計変更を間違いなく反映し、後工程のシステムに情報を渡せます。

過去に実施された設計変更の「見える化」

設計部品表に加えて、組み立てや加工工程を定義した製造部品表も登録いただけます。製造部品表は設備違いの製造ラインや拠点の数だけ定義できます。設計と製造の部品表を管理すれば、設計変更を間違いなく反映プロパティ画面から過去に行われた設計変更に関わる文書を参照できます。変更の度に製造から設計へ詳細を問い合わせるといった、双方にとっての付帯業務を削減します。

  • 製造部門への通知書を開いて、過去の変更連絡内容を確認。
  • 通知書に関連する指示書を開いて、具体的な変更内容を参照。
  • 指示書に関連する依頼書を開いて、設計変更の起点となった理由や背景確認し、後工程のシステムに情報を渡せます。

変更箇所を誰にでも間違いなく認識させるために

指示書の画面では、変更が加えられたマスターの変更前後の情報を呼び出して確認できます。プロパティや部品表を並べて表示し、値が変更された箇所のみ色違いで表示できます。3次元データを重ねて表示させ、異なる部分を色分け表示することも可能です。

変更の経路から不具合の原因と対策に

依頼書のワークフローを参照すると、変更が依頼された経路もご確認いただけます。Visual BOMは過去に起きた不具合の原因と対策から新製品開発での施策を検討するための、分析データベースとしても活用できます。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP