導入前に! 知って得するライセンス導入のヒント集

2019.7.9

  • 共通

一般にサブスクリプション(期間ライセンス)は、活用方法の自由度が上がるため上手に付き合えば非常に頼もしい販売形態です。

オートデスク製品のサブスクリプション導入でよくある質問や導入へのヒントをまとめましたので、お客様の設計環境に合ったベストな選択をご検討の際にお役立てください。

1年? 3年? 契約年数を選ぶ際のポイント

2019年3月にオートデスクサブスクリプション製品の価格改定がありました。

契約年数を1年または3年の二通り選択できるサブスクリプション製品において、これまでは3年契約での価格優位性がなくメリットを見出だせませんでした。ところが今回の改定で3年契約の場合は、ほぼ全ての製品にて1年契約比で年間約10%の割り引きがなされました。

製品1年3年(年間換算金額)値引き率
AutoCAD including specialized toolsets
(AutoCADパッケージ)
190,000円513,000円(171,000円)10.0%
Product Design & Manufacturing Collection
(製造業向けパッケージ)
395,000円1,067,000円(355,700円)10.0%
Architecture, Engineering & Construction Collection
(建設業向けパッケージ)
431,000円1,164,000円(388,000円)10.0%
AutoCAD LT59,000円159,000円(53,000円)10.2%

※ シングルユーザー、2019年6月30日現在の税別価格

また意外と気付きにくいメリットとして価格固定が挙げられます。当然ながら契約期間中は価格変動がないため、3年契約の方が安定しています。

フレキシブルな選択ができるかどうか

次は設計部門での運用を意識した導入パターンを考えてみましょう。

オートデスクサブスクリプションでは、契約期間中での解約はできません。よって設計者数増減を読むことができないなど必要ライセンス数が流動的な場合は、フレキシブルさを重視して1年契約することをお勧めします。そのような不確定要素を除けば価格が安い3年契約がよいでしょう。

1年と3年契約と組み合わせてバランスよく

複数ライセンスの導入やライセンスを追加される際は、1年と3年契約とを組み合わせるバランス型の形態を選ぶことも有力な考え方です。

ライセンス数の問題でなく、該当ソフト自体を3年使うかどうか分からないと心配される場合は、過去の使用CADの入れ替え頻度をさかのぼってみてください。意思決定への手助けになるかもしれません。

3ライセンス導入する場合、減少の可能性のあるライセンスは1年契約に

契約年数を変更して更新する

サブスクリプションを更新する際、1年から3年または3年から1年の年数変更での更新はできません。この場合新規扱いにて契約し直す必要があります。

しかしながら事前にご相談頂くことで、現在導入中のサブスクリプション契約満了日に合わせて新規導入となるよう調整可能です。

なお、新規契約と更新契約との価格は同一です。

オートデスク製品ご契約の前に知っておきたいこと

契約開始日の指定

新規契約の場合、30日先までの任意の日付を指定できます。指定がなければメーカーへの手続き完了(約4営業日)後となります。

契約満了日をそろえる

保有中ライセンスの契約満了日に合わせて導入したい場合、例外的に月単位で契約可能な場合があります。

例えば3月31日が満了日の保有中ライセンスAがあり、6月1日に新規でライセンスBを導入する場合に、ライセンスBは3月31日が契約満了日となるように設定して導入することができます。

その他オートデスクサブスクリプション導入の選択肢

新規また更新にて導入する際、価格以外で知っておきたい代表的な選択肢をご紹介します。

1.ライセンス形態について

使用するユーザー(指名ユーザー)に個々に割り当てるシングルユーザーと、ライセンスサーバーを立ててネットワーク管理するマルチユーザーとがあります。

サブスクリプション購入の前に押さえておきたい「ライセンス形態」

2.月額払い

大塚商会では独自の契約プランをご提供しています。簡易な電子書類で申し込みでき、無金利で月額払いできる点が大きな特長です。

オートデスク サブスクリプション月額払いできるのは大塚商会だけ

3.M2S(Maintenance to Subscription)

保守プラン契約中のユーザーに限りますが、価格優遇にてソフトをグレードアップすることが可能です。これは保守契約更新のタイミングにサブスクリプションへの変更が要件となります。

保守プランユーザー必見! サブスクリプションへの移行特典は2020年5月まで

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP