3次元CADとデータ管理ソフトの導入により、個別受注生産品の設計効率と品質を向上

2020.7.3

  • 製造業

株式会社西村製作所

最も優れたスリッター(自動切断巻取機)と世界的に評価されている株式会社西村製作所の「NS SLITTER」は、カットする素材によって一点一点形や大きさが違う個別受注生産品だ。同社はスリッターの設計効率を高めるために、3次元CADとデータ管理ソフトを導入。3次元設計により、お客様へのプレゼン力が向上し、社内の意思疎通もスムーズになった。さらに、データ管理ソフトにより、チーム設計や流用設計が可能になり、生産性が大きく向上している。

求められるプレゼン力と個別受注生産品の設計効率向上

技術部次長の高橋英明氏は「当社の技術者は海外でプレゼンする機会も多く、表現力が求められています。従来は2次元の図面で説明していましたが、お客様に伝わりづらくアピールも弱い。また、シートをどのように取り出すのかといった動きを見せるために、わざわざパワーポイントでアニメーションを作成していたのです」と従来の課題を語る。また、円筒形などの立体的な形状に設計すると、2次元の図面では気付かない不具合が出ることがあり、手戻り工数が増えていたのだ。こうしたことから、3次元CADの導入は必然の流れとなっていた。

素材に合わせて一点一点、形状や大きさが異なる個別受注生産品だ。ゼロベースで設計していくと多大なコストと時間がかかることになる。「素材ごとに標準的なモデルがあり、それをお客様の要望にそってカスタマイズしていきます。その際、標準モデルのCADデータを流用して設計していったほうがコストも抑えられますし、設計時間を短縮できます」と電気システム部 部長代理の藤原治氏は流用設計のメリットを語る。

スリッターのライフサイクルは長く、その間、メンテナンスや部品交換ができるように、図面は必ず残しておかなければならない。ファイルサーバーには膨大な図面データが保管されている。「従来はファイル名に属性を付けて、どのファイルか分かるようにしていたのですが、おのおのの部品の図面などは、データベースとして紐付いていません。このため、膨大な図面データの中から最適な図面を探すのが大変で、流用設計もままならない状態でした」(藤原氏)。

また、同社のスリッターは複数の設計者がチームで設計していくが、ファイルサーバーで管理する従来の方式だと、共同作業がやりにくいという課題があった。技術部の菊井靖史氏は「サーバー内のデータをいったんローカルPCに保存して修正し、それをサーバーにアップロードし、古いデータを消去するのですが、この作業がとても面倒でした。また、複数の人間で一緒に作業をしているとだれが最新のデータを持っているのか分からなくなります。その都度、最新データかどうかを確認していましたが、誤って古いデータで作業してしまうといった問題も起きていたのです」と語る。

導入事例 詳細

Inventor導入のポイント(お客様の声)

設計効率が高まると同時に品質やデザイン性が向上

技術部が主導となり、3次元CADソフトの導入に向けて動き始める中、さまざまな見本市やセミナーなどに参加し、3社のCADソフトに候補を絞った。その中から選んだのが、大塚商会が紹介した「Autodesk Inventor Professional」だ。技術部課長の中井善久氏は「Inventorは世界的なシェアがあり、世界に通用する図面が描けること、将来性に期待ができること、大塚商会さんのサポートがあることが決め手でした」と選定理由を語る。

技術部主導だった導入プロジェクトは、同社の社長がドイツに訪れた際に、3次元CADでのプレゼンを見て、衝撃を受けたことをきっかけに大きく前進した。2011年3月に3DCADソフトAutodesk Inventor Professionalを導入し、2012年2月にはデータ管理ソフトAutodesk Vault Professionalを導入した。

一年後に導入したデータ管理ソフトウェアAutodesk Vault Professionalについては「今となっては、これがなければ3次元設計できません」と高橋氏が評価するように、一つのアセンブリデータにたくさんの部品が紐付く3次元CADにとって、データ管理は必須となっている。

よりスムーズな導入に大塚商会がご提案可能なサービス

大塚商会では充実したサポート体制・豊富な支援内容で導入~定着、さらなる活用までトータルでお客様をサポート。導入効果を最大限に引き出し、安心して運用できる環境をご提供します。

個別コンサルティングサポート

基礎知識や操作教育から設計環境の構築・実践的型教育まで多岐にわたるサポートをご提供します。

大塚商会が西村製作所様に提供したコンサルティングサポートのご紹介(一部)

  • 業務ルール策定支援サービス:3D CAD導入後、3Dデータの効果的な流通、有効的な活用を考慮した場合に発生するさまざまな問題に対し、業務ルール改善・策定を支援します。
  • PDM運用ルール策定支援サービス:お客様の設計業務とPDMシステムの機能を適合させ、システム構築に必要な要件定義と運用ルール構築し、PDMシステム導入後のスムーズな運用の支援します。

コンサルティング

基礎知識&操作教育

3D CAD定例スクール(基礎・応用・アセンブリなど)
大塚商会の研修施設で定期開催されているオープンコースのほか、企業様向けにカスタマイズした研修も行っています。

Autodesk Inventor コース一覧

CAD利用時の「困った」を解決するサポートサービス

CADの知識が豊富なメーカー認定エンジニアが常に待機。専門的なCADのお問い合わせに対応します。

オートデスクセミナー(無償)

新バージョン紹介やCAD活用講座、また導入検討企業向けの体験セミナーなど来場型やオンライン型にて開催しています。

イベント・セミナー

※ これらのサービスはご提案可能なサービスのほんの一部です。

Autodesk製品のことなら大塚商会にご相談ください

大塚商会は、Autodesk製品におけるアジア地域No.1のリセラーとしての豊富なノウハウを持っています。
単なる製品導入だけではなく、業界・目的に応じた最適な製品の選定から活用までを徹底支援します。

WEBからのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ

お電話からのお問い合わせ

CADソリューショングループ

03-3514-7974

営業時間 9:00 ~ 17:30(土日休業日を除く)

PAGE TOP