大塚商会 横浜ビル新築工事 施工BIM その活用内容とは?

施工現場でBIM活用!

設計段階でBIMを活用した事例はだいぶ多くなってきましたが、施工段階での利用はそれほど多くありません。当社横浜ビル新築工事において、施工を行った株式会社竹中工務店様では、施工現場へBIMを取り入れると、どのような効果があるかを検証しました。今回は建物全体ではなく幾つか部位を絞ってBIMモデル化し、検討を行っています。ここでは、行った検証作業を「仕上げ確認」「図面の作成」に分けてご紹介します。

仕上げの確認

現場では、施主はもちろん設計者などの工事関係者と各部位の最終仕上がり状態をしっかりと確認してから工事へ取り掛かる必要があります。この確認には必要に応じてモックアップといって、実際の形状に近いものを作成して確認することもあるようです。

今回、幾つかの部位の事前確認にBIMモデルを活用しました。

図はBIMモデルから作成したCGパースと実際の竣工写真です。完成前に出来上がりのイメージを伝え、効率よく意思決定を行うために、BIMモデルは非常に役に立ちました。

トイレ写真

照明の配置検討や鏡のサイズ、個室ブースのサイズなどの検討を行いました。

  • BIMモデル

  • 竣工写真

エントランス

パネル割り付けの検討、照明の配置検討、電球色などの検討を行いました。

  • BIMモデル

  • 竣工写真

打ち合わせコーナー

壁仕上げの色検討を行いました。

  • BIMモデル

  • 竣工写真

基準階事務室

タイルカーペット、天井の割り付け、LED照明の大きさ、配置検討などを行いました。

  • BIMモデル

  • 竣工写真

図面の作成

BIMモデルを合意形成で利用した例を幾つかご紹介しましたが、BIMのメリットは合意形成のために作成されたデータからすぐに図面へも展開が可能な点です。

今回、竹中工務店様の協力会社でもRevitを導入してもらい、互いに同じBIMデータで作業ができる環境を整えました。それにより、合意形成のとれたBIMモデルから図面への展開がスムーズに行え、制作図の作成にかかる時間を大幅に短縮できました。

BIMモデルから作成された図面(左)と制作図(右)

スムーズな合意形成、図面作成作業の効率化が行えたことで、資材の発注もスムーズに行えたそうです。

施工段階におけるBIMのメリットと課題

今回、部位を絞った施工のためのBIMモデル化を行い、その効果を検証しました。そして以下のようなメリットおよび課題があることが分かりました。

メリット

  • 3次元で確認することによる合意形成のスピードアップ。
  • 関係者間での合意形成がスムーズに行うことで、場合によってはモックアップを行う必要がなくなる。次の工程への着手(今回は資材の発注など)が早められる。
  • 完成したBIMモデルから切り出された図面を利用することで、制作図の効率化も図られる(協力会社が参加している場合には、その会社にも同じBIMソフトを利用してもらうことがポイント)。

課題

施工段階でBIMを利用するとき、まず課題となるのがBIMモデルの入力です。BIMが普及してきたとはいえ、川上(設計)側から、BIMが提供されるのは、まだごく限られたプロジェクトでしょう。

今回も竹中工務店様では、事前に施工用のBIMモデルを作成しています。また作成にあたっても、以下のような事前に取り決めておくべき点があると思われ、これは今後、検討を重ねていく必要がある点です。

  • 作成の基準
  • データの管理
  • 責任範囲など

さて、施工現場でのBIM活用いかがだったでしょうか? 最後までお読みいただきありがとうございました。

ナビゲーションメニュー