BIMナビ

  1. HOME
  2. 5分でわかる FlowDesigner解析事例 3:日射温度環境解析事例

5分でわかる FlowDesigner解析事例3:日射温度環境解析事例

2013.09.09 無料ダウンロード

建物内部の夏場の快適性を計りたい。庇(ひさし)を設けることで屋内の温度分布はどう変化するか?

FlowDesignerは建設業のさまざまな分野の解析に力を発揮するツールです。実際にどのような目的でモデルは作成されているか、また結果がどうなったのかなど解析事例をご紹介します。問題提起は本ページにて解析結果は無料ダウンロードでお気軽に資料請求ください。今回は建物内部の夏場の快適性を計るのに、非常にニーズの高い解析である「日射解析」についての解析事例をご紹介します。

3:日射温度環境解析事例

前提条件

目的

夏場の建築物を想定し、日射による影響を解析します。日射を遮る庇(ひさし)を付けた場合、付けない場合での室温の違いをビフォーアフターで検証します。

条件

解析領域 15m×25m×5m
建物サイズ 8m×11m×3m
時間 8月4日16時
窓材質 ガラス
外気温度 26℃
外気風 北北西からの風、0.5m/s
空調設定 なし
庇の設定 右図

庇の設定図

ケーススタディ

夏の建築物内の快適性を計るにあたり、日射は欠かせない要因となります。日射の影響により、同じ建築物の中でも温度分布に差ができるだけではなく、建築物全体での快適性が損なわれることもありえます。このモデルでは空調を省き、通風のみによって空気を循環させ、庇(ひさし)を設け日差しを遮ることにより、屋内の温度分布がどのように変化するのかを計り、快適な温度環境の実現を目指します。

果たして結果は?

日射温度環境解析の解析結果は下記より無料ダウンロードしご確認ください。

FlowDesigner解析事例3:日射温度環境解析事例 資料ダウンロード

資料サンプル
資料サンプル

ページトップに戻る